ポルトガル、途中出場のC・ロナが決勝弾…最終節は9連勝スイスと直接対決

写真拡大

 2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選第9節が7日に行われ、グループBでアンドラ代表とポルトガル代表が対戦した。

 欧州王者のポルトガルは格下相手にゴールを奪えず、前半をスコアレスで折り返す。均衡を破ったのは、後半開始から出場したエースのクリスティアーノ・ロナウドだった。

 63分、ジョアン・マリオが左サイドからクロスを入れると、DFが足に当てたこぼれ球に、ゴール前でぎりぎりオンサイドのC・ロナウドが反応。トラップから素早く左足で蹴り込み、先制点を挙げた。

 さらにポルトガルは86分、C・ロナウドが左サイドからクロスを送ると、エリア内右のダニーロ・ペレイラが頭で折り返す。このボールをファーのアンドレ・シルヴァが右足で押し込み、ゴールネットを揺らした。

 試合はこのままタイムアップを迎え、ポルトガルが2−0で勝利。W杯予選8連勝で2位をキープした。10日に行われる最終節は、9戦全勝で首位のスイス代表をホームに迎え、W杯出場を懸けた直接対決に臨む。

【スコア】
アンドラ 0−2 ポルトガル

【得点者】
0−1 63分 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)
0−2 86分 アンドレ・シルヴァ(ポルトガル)