東大合格者数36年連続1位を誇る東京・開成高校。なかでも「知」を競うクイズ研究部の活躍は他の追随を許さないレベルだ。いったいどうやって知識に磨きをかけているのか? 今年の「高校生クイズ」決勝にも進出した植田遥大くん(高2)と後藤弘くん(高1)にお話を聞いてみました。


植田くん(左)と後藤くん(右)

自分の力だけじゃどうしようもないものがあるんだなって

――今年の「高校生クイズ」は惜しかったですね。決勝では10ポイント先取の9ポイントまで行ったのに、最後は三重県桜丘高校のカップルに押し切られました。

植田 そうですね。悔しさはもちろんあったんですけど、それよりも後藤が珍しく落ち込んでたのが見ていてこたえました(笑)。

後藤 自分の力だけじゃどうしようもないものがあるんだなって、思い知らされたのがショックでした。

――それって、負けた後に後藤くんが残した名言「男子校の友情ではカップルの愛は突破できない」ということですか?

後藤 アハハ、あれは優勝校がインタビュー受けているのを横目に、何か爪痕を残すようなことを言っておかなきゃと思って必死に考えたコメントなんですよ。どうもお見苦しいところをお見せしてしまってすみません(笑)。桜丘高校のお二人には3年間ずっと努力し続けてきた力や、何より男女カップルというコンビネーションの強さがあったことは間違いありません。


 

「まあ、組むかー」みたいになってペアになった

――開成の底力を見たのは、例えば決勝でお手つきしたあと、「理研の三太郎」を答えさせる問題で挽回したところです。やっぱり知識量が半端ないなと。

植田 クイズではおなじみの「ベタ問」というやつなんですが、とりあえずボタンを押した時には長岡半太郎だけ思い出せなかったんですよ。で、本多光太郎と鈴木梅太郎を答えながら、ギリギリで思い出したって感じです。

後藤 あの緊張する場面でスラスラ思い出せたのはすごいなって思いました。


「本多光太郎と鈴木梅太郎を答えながら長岡半太郎を思い出しました」

――今、クイズ研究部にはどれくらいの部員がいるんですか?

植田 全部で50人くらいです。中1から高2までいますから、各学年10人弱ですね。

後藤 植田くんが部長で、僕が副部長をやっています。

――あ、それで「高校生クイズ」もペアになったんですか?

植田 いや、そこはなんとなくの成り行きで……(笑)。高校生クイズに参加することは別に強制ではないんですけど、部員はみんな目標の一つにしているので、大体は予選から参加します。

後藤 で、「まあ、組むかー」みたいになってペアになったというわけです。


 

――お互いに組めてよかったなあと思う点はありますか?

植田 僕はカメラの前だとめっちゃ緊張するんで、後藤みたいな物怖じしないキャラがいると安心でした(笑)。

後藤 これで負けても仕方がないなって思える、信頼できる方と組めたのはよかったです。

植田 ハハハ。僕は後藤を中1の頃から見てますけど、ほんと、順調に成長していて……、頼もしい後輩です(笑)。ただ、長いこと一緒にいるとどうしても見えてくるのは弱点なんですよね。後藤も僕もスポーツと芸能が全く苦手。

捨てることは戦略的に重要なんです

――クイズエリート開成といえども、弱点はあるんですね。

後藤 流行りの女優とか言われても全然わかりません。

植田 特に芸能については、世間の人からだいぶ遅れていると思います。この辺りをカバーするにはテレビを見るのが一番なんですけど、部員でテレビ見てるのってほとんどいないんじゃないかな。

――でも植田くんは「Qさま」にも出演したことがあるんですよね。

植田 自分が出たら一応見ますけど、普段はまず見ないですね。あ、でも小学生の時は「平成教育委員会」とか「ヘキサゴン」とかは好きでした。中学受験の問題が出題されることもあったので、見てたんですけど。

後藤 この学校は極端な人が多いから、テレビ見るより問題集読んでるほうが楽しいって人がいっぱいいるんです(笑)。


開成学園の校章はペンと剣。「ペンは剣よりも強し」の言葉に基づいて定められたという

――クイズの世界には「女子問題」っていうジャンルもあるんですよね。こういったアイドルの問題や、ファッション系の問題は苦手ですか、やっぱり。

後藤 いや、そんなことないです。僕、妹とかなり仲がいいのでよく話をするんですけど、女子に人気のアプリとか色々聞いて知識を仕入れてます。

植田 とにかく芸能問題だけは最初からあきらめて捨ててます。クイズって集中力勝負なので、捨てることは戦略的に重要なんです。これは捨てようと判断してしまえば、その分スタミナが維持できる。早押しだけじゃなくて、記述問題でも同じで、わからない問題で止まって悩んでしまうと、そのあとにある解ける問題も解けないまま時間切れになることがありますから。

後藤 これはクイズじゃなくて、学校の試験でも応用できます。

植田 クイズやっててよかったことの一つは、なんでもサバサバ、立ち止まらずに進める癖がついたことかもしれません。


 

覚えたことを「問題文」にして情報整理する

――ところで、お二人の知識の増やし方、勉強法ってどんなものですか?

後藤 基本は定型とされるクイズ問題をさまざまな方法で覚えこむところから始まります。問題文を丸々書いて覚える人もいれば、黙読して記憶する人もいます。

植田 聞いて覚える人もいますし、中には口に出して頭に刷り込む人もいます。で、その答えから今度は自分なりに知識を広げていくんです。

――それはどうやってするんですか?

後藤 今の時代、スマホで検索すれば何でも出てきますよね。例えば、何でもいいんですが、聖徳太子が答えの問題を解いたとしますよね。そしたら次に、聖徳太子をウィキで検索、あるいは図書館で調べる。すると聖徳太子についていろんなことがわかります。飛鳥時代の仏教伝来のこととか、その名前が最初に出てくる書物とか。それを今度は覚えていって、自分の知識を広げていくんです。

植田 クイズ的な勉強法特有なのは、そこで覚えるにとどまらず、クイズを作問するという一手間をかけることかなと思います。「聖徳太子」「607年」「世界最古の木造建築」というそこで得たキーワードをいったん自分で「問題文」にして情報整理するんです。「西暦607年に聖徳太子が建設した、現存する世界最古の木造建築の寺院は何?」「法隆寺」というように。


 

パンフレットに「祈合格」って書いて欲しいってお願いされました

――東大・京大は特に論述させる受験問題が多いんですよね? 自然とそういう論述の力が身につきそうです。

後藤 クイズの良問というのは、どんなに難しくても問題文の最後まで聞いたら答えられるような工夫がなされているものなんです。だから、自分で「良問」が作れるようになるということは、それだけ情報をうまく整理できているということなんです。

植田 クイズを解いて調べる、問題を作って整理する。知識を広げていくためには、点を線にする繰り返しが大事なんだと思います。


「自分で『良問』が作れるようになるということは、それだけ情報をうまく整理できているということ」

――それにしても、テレビにも出たし、先日の文化祭でもお二人は人気だったんじゃないですか? 女子高生もけっこう来るイベントですし。

後藤 連絡先を聞かれたりもしたんですけど、こういう世の中ですので、そこはあまり深く関与しないようにしました。

植田 クイ研の部屋に来てくれたいろんな方に「すいません、写真を一緒に」って言われたんですけど、必ず「後藤くんはどこですか?」って言われました。別にいいんですけどね(笑)。

後藤 むしろ開成を受験しようと考えている親子の方にずいぶん「一緒に写真をお願いします」と言われましたね。パンフレットに「祈合格」って書いて欲しいっていう親御さんもいて、「この子が後輩になりますように」って祈りながら書きました。あんなこと初めてでしたよ(笑)。

#2 クイズって人生の役に立つ? “エリート頭脳”開成クイズ研究部に聞いてみた に続く


 

写真=佐藤亘/文藝春秋

(「文春オンライン」編集部)