ドイツの芸術祭で誰もが行き来する広場に展示された第1次世界大戦のコミック画。世代を問わず見入る人が多かった(筆者撮影)

奥能登、種子島、北アルプス、札幌――。これらの共通点にピンときた方は結構な芸術通だろう。以上4つの土地では今年、現代アートのお祭りが開催されている。

近年、アート関連のイベントが日本で盛んだ。とりわけ地方では地域活性や地域ブランディングの観点から、国内外からアーティストを呼び込み活発に行われている。2016年の「瀬戸内国際芸術祭」(岡山県・香川県)には104万人が来場し、経済波及効果は139億円と試算される(日本銀行高松支店と瀬戸内国際芸術祭実行委員会推計)。写真撮影が可能なインスタレーション(展示)が多く、インスタグラムなどSNSとの親和性の高さも人気の一因だろう。

ドイツでも芸術祭は根強い人気

ドイツの地方都市でも同様に、たくさんのアート関連イベントが開催されている。世界最大の現代アートの祭典「ドクメンタ」(カッセル市)や「ミュンスター彫刻プロジェクト」(ミュンスター市)はその代表格だ。

日本もドイツも花盛りのアートイベントだが、戦後に増えたドイツに比べ、日本はこの20年ぐらいで、ぐっと増えた。そして両者には決定的な違いがある。それは作品やプログラムに政治・社会的メッセージが色濃く反映されているか否かだ。


ドイツ中南部・エアランゲン市で開催された文学フェスは、市街中心地の宮殿庭園がメイン会場となった(筆者撮影)

たとえば、筆者が住むドイツ中南部のエアランゲン市で隔年開催のコミック関係のフェスティバル「インターナショナル・コミックサロン」では、第1次世界大戦勃発から100年の2014年に大戦をモチーフにしたコミック画が市街中心地の広場に展示され話題となった。

また、毎夏開催の文学フェスティバルでは、今年は同市にたどりついた難民の若者による「ドイツについて」のプレゼンテーションや報道の自由についてのパネルディスカッションといったプログラムが用意された。過去には連邦家族大臣を招き、作家たちとワークライフバランスに関するディスカッションが開かれるなど、現代社会の課題に踏み込んだ内容が盛り込まれている。これらは庭園にいすが並べられただけで、誰もがふらりと無料で聞くことができる。


文学フェスでは、同市に亡命した難民の若者による「ドイツについて」のプレゼンテーションが行われた(筆者撮影)

このように、ドイツにおける芸術祭は都市という公共空間で開催され、大人から子供まで参加できる間口の広さを持ちながら、社会課題を喚起し議論を生む役割を担っている。

そしてアーティストは社会に対して「ツッコミ」を入れるジャーナリストのような一面を持つ。ジャーナリストは記事を通して突っ込むところ、彼らは作品を通して行うというわけだ。加えて各地方都市には、文化をテーマにしている地方議員や専門知識を持った行政マン、民間の活動家が多く存在し、社会と芸術の相互関係について広く了解がある。冒頭のカッセルやミュンスターもたかだか人口20万〜30万人程度の都市だが、そんなうえで芸術祭が開催されているわけだ。


ドイツの芸術祭は子供から大人まで幅広く親しまれている(筆者撮影)

一方、日本の芸術祭は概して政治・社会的メッセージが強くはない。たとえば冒頭の瀬戸内国際芸術祭では、地元の歴史や風景に即した作品などが多いと聞く。なるほど同芸術祭は地域の活性化や再生を促す役割を果たしているのだろう。しかし、政治・社会的メッセージを持った作品は影を潜め、市民による議論を促す役割を担っているとは言いがたい。

日本政府が芸術に期待すること

日本政府の文化芸術に対する姿勢については、文化庁の「文化芸術の振興に関する基本的な方針」で示されており、その中で「文化芸術立国」が掲げられている。


その成果指標は「日本の誇りとして文化芸術を挙げる国民の割合」や「地域の文化的環境に対して満足する国民の割合」「寄付活動を行う国民の割合」「鑑賞活動をする国民の割合」「文化芸術活動をする国民の割合」「訪日外国人旅行者数」となっており、短期的かつ、わかりやすい成果を求める企業の営業会議かと思わせる表現だ。

この違いは、前提とする社会構造や歴史、国民性などが異なることによる。ただ、社会的課題について他者と自由に意見を交換するきっかけが身近にたくさんあれば、新たな発想は生まれやすくなる。こういう了解は日本でもできつつあり、芸術祭は議論しやすい雰囲気を作る。

もちろん、ほかにも集客といった派手な効果もたくさんあるが、むしろ地域社会のダイナミズムを静かに促す。ここに最大の価値があるのだろう。