▽8日、Jリーグ YBCルヴァンカップ準決勝第2戦の川崎フロンターレvsベガルタ仙台が等々力陸上競技場で行われる。逆転勝利で8大会ぶりの決勝進出を目指す川崎Fと、初の決勝進出に王手をかける仙台の対戦だ。

◆仙台先勝も川崎Fの射程圏内に
(C)J.LEAGUE PHOTOS
▽4日にユアテックスタジアムで行われた第1戦では、仙台の積極的なプレッシングが3バック採用の川崎Fに猛威を振るった。FW石原直樹のゴールで先制した仙台はその後、FWクリスランの2発で3-0にしたが、川崎FもDF奈良竜樹、FW知念慶の得点により、2つのアウェイゴールをゲット。ホームで先勝した仙台だが、川崎Fも決勝進出に可能性を残す形でリターンマッチを迎えることとなった。

◆アウェイ2発を生かして逆転突破へ〜川崎フロンターレ〜

▽前半の内容こそ今シーズン1番と言っても良いほど悪い出来だったが、2つのアウェイゴールを持ち帰ったことで逆転突破の可能性を残した。その中で、第1戦で負傷から復帰したMF登里享平が左サイドバックとして、代表合流のDF車屋紳太郎の不在を埋める安定したパフォーマンスを披露。車屋の不在で使用を控えていた常用の[4-2-3-1]を第2戦から再び採用する目処が立ったのも大きい。決勝進出の条件は勝利のみ。これまで様々な劇的ゲームを演じてきた舞台のホーム等々力で、決勝行きの切符を掴み取りたいところだ。

◆総力と意思統一で鬼門突破へ〜ベガルタ仙台〜

▽第1戦を勝利で飾ったものの、2つのアウェイゴールを許したのは印象が悪い。さらに、その第1戦でDF椎橋慧也とクリスランの負傷者や、石原の退場者も相重なっており、第2戦に向けて不安要素は山積。また、データ的にも川崎Fとのアウェイ公式戦通算で1勝4分け12敗と相性もひどく悪い。勝ち抜け条件は勝利か、引き分け。鬼門中の鬼門である等々力で、総力戦に持ち込めるか。東北の地にクラブ初となる決勝進出の一報を届けたい。

【注目選手】

◆MF中村憲剛(川崎フロンターレ)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
▽逆転勝利を狙う川崎FからはMF中村憲剛をチョイスする。第1戦の前半こそ良い形で攻撃に絡めていなかったが、4バックに戻した後半からトップ下の位置に入ると、本来の存在感を発揮。決定機を創出し、CKからのアシストも記録した。上述のとおり、チームの決勝進出条件は勝利のみ。中村の創造者としての活躍が不可欠だ。

◆MF奥埜博亮(ベガルタ仙台)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
▽初の決勝進出へカギを握るのはMF奥埜博亮だ。第1戦はボランチとして出場。守備で球際の強さを見せつけてチームに安定感をもたらしつつ、攻撃でも2ゴールの起点になるなど躍動した。仙台生え抜き選手である奥埜にとって、クラブのタイトル獲得に対する思いは誰よりも強い。第1戦に続く活躍に注目したい。