画像提供:マイナビニュース

写真拡大

JR九州グループのJR九州商事(JR九州グループ)は17日から、列車をモチーフにした「JR九州列車マスキングテープ」の販売を開始する。

「JR九州列車マスキングテープ」は、JR九州東京支社の月間フリーペーパー「鉄聞」製作スタッフ監修の下、色鉛筆で描いた列車のイラストをテープの柄やパッケージに使用。「かわせみ やませみ」のマスキングテープには、列車名の由来となった野鳥「カワセミ」「ヤマセミ」の姿や自然豊かな沿線の様子を車両とともに描いた。

「九州新幹線」のテープには新800系・N700系と博多・鹿児島のご当地グルメをデザイン。「ソニック」のテープには白い885系とブルーメタリックの883系、沿線にある高崎山のサルや別府の温泉地、特徴的なヘッドレストを描いた。他に「ゆふいんの森」「指宿のたまて箱」「SL人吉」の柄もあり、全6種類のラインナップで発売する。いずれも列車外観と各列車の停車駅名、ご当地の名物・風景などを散りばめたデザインとなる。テープの長さはすべて10mで、それぞれに15mm幅と20mm幅の2種類がある。価格は15mmが302円、20mmは367円。

JR九州商事鉄道の通販サイト「鉄コレ」と鉄道模型専門店「ポポンデッタ」主要箇所などで発売。「鉄コレ」で10月11日から先行販売を行い、店頭販売は17日からとなる。