【詳細】他の写真はこちら

10月4日に2ndソロアルバム『identity』をリリースしたNMB48の山本彩が本日10月7日、同作の発売を記念して東京・タワーレコード渋谷店 B1「CUT UP STUDIO」にてアコースティックミニライブを実施。自身が作詞・作曲した「JOKER」など4曲を披露し、抽選で招待された300人のファンを魅了した。

開演前に行われた囲み取材では、「前回以上に自分で作った曲も多いので、自分の成分というか自分のやりたい曲が出来たと思います」と2ndソロアルバムに手応えを感じながらも、「前回よりもライブを意識したりだとか、楽曲の中に出てくる人の目線で、歌い方は1曲1曲、変えたりしたので、改めて曲に向き合えたかなと思います」と試行錯誤したことを告白。

阿久悠をはじめ、豪華なアーティスト、クリエイターの参加については、「本来ならば阿久悠さんの歌詞を歌える時代の歌手ではないので、今回こういう機会をいただけて、しかも(いきものがかりの)水野良樹さんに楽曲を作っていただいて、ほかにも私の意思で水野さんに楽曲提供をお願いさせていただいたので、ダブルで光栄だなと思います」と喜びを噛み締めた山本。

自身が作詞した歌詞について訊かれると、「基本的に私がネガティブ、根暗なタイプなので、それがどうしても曲に現れてしまうと思います。めちゃめちゃネガティブです。めんどくさいです(笑)」と自己診断した。

10月20日には、『identity』を引っ提げたライブツアーが広島でスタート。

「ちょうどプロ野球もクライマックスシリーズで盛り上がっている時期かなと思うので、楽しみです」「ファイナルステージまで阪神が進んで来てもらえたら、私のテンションが変わってきそう(笑)」と、タイガースファンの顔も覗かせた。

アコースティックミニライブでは、自身が作詞・作曲で参加した「JOKER」、「サードマン」、DREAMS COME TRUEのカバー「何度でも」、スガシカオが作詞・作曲を手がけた「メロディ」の4曲を披露。

MCでは、10月4日に同店にサプライズで訪問し、店員体験をしたときの感想を語ったほか、「JOKER」のミュージックビデオの撮影エピソードを披露。ふたりの山本彩が出会い、キスするシーンについて「CGで作っていただきまして、私は緑のマネキンを相手に2回キスしました(笑)」と明かし、笑いを誘った。

最後の曲を歌い終えると、「さやか!」「さや姉!」といった声援が飛び交うなか、山本は「ありがとうございました。ツアーも始まるので、皆さん来てください!」と再会を呼びかけ、手を振りながら名残惜しそうにステージを後にした。



リリース情報



2017.10.04 ON SALE

ALBUM『identity』

山本 彩 OFFICIAL WEBSITE

http://yamamotosayaka.jp/

NMB48 OFFICIAL WEBSITE

http://www.nmb48.com/