犬がよく眠る理由は?

あたたかい日差しの中でお昼寝をしたり、冷房器具や暖房器具の前を陣取って快適に眠っていたり、気がつくと「また寝てるの?」と思うことはありませんか?

実はワンちゃんの平均睡眠時間は人間よりも遥かに多いのです。

ワンちゃんの平均睡眠時間は?

ワンちゃんそれぞれに差はありますが、平均睡眠時間は約10.6時間といわれています(ワシントン大学調べ)人間の平均睡眠時間は約7〜8時間なので、比べるとワンちゃんの方がよく寝ていることになりますね。

具体的に犬種別の平均睡眠時間を挙げてみましょう。

チワワ:約9〜10時間ポメラニアン:約12〜18時間ダックスフンド:約10〜11時間トイプードル:約12〜16時間柴犬:9〜10時間

吠え癖のあるワンちゃんや活発なワンちゃんは、体力を使う分よく寝るそうです。

なぜ犬は睡眠時間が長いの?

ワンちゃんの睡眠時間が長い理由は、「野生の名残」だといわれています。野生の頃は狩りに出て獲物を捕まえるために、寝ることで体力を温存していました。

寝ているといっても、身の危険や何かの気配を感じたときはすぐに反応して身を守っていたのです。今でも少しの物音に反応しますよね。

ワンちゃんの睡眠の特徴

ご存知の方もいると思いますが、睡眠にはレム睡眠(浅い眠り)と、ノンレム睡眠(深い眠り)の2種類があります。ワンちゃんの場合レム睡眠が約8割を占めているそうです。

残りの2割になるノンレム睡眠に入っているときは、あごを地面から離して横になっていたり、手足を伸ばしてリラックスしている状態で寝ているのでそっと寝かしてあげましょう♪

飼い主さんの前でノンレム睡眠に入っているということは、とても安心できて落ち着いている証拠です。

子犬と老犬の睡眠時間

子犬と老犬の場合はさらに睡眠時間が増え、1日18時間以上の睡眠を取っています。

人間の子供と子犬は似ていて、一生懸命遊んでさまざまなことを覚えていきます。そのためたくさん寝て脳を休ませてあげているんですね。

老犬はやはり体力の衰えや体が思うように動かせなくなるため、必然的に横になる時間が多く睡眠時間も増えていきます。

熟睡できる環境づくり

お伝えしたようにワンちゃんは一日の中で長い睡眠を取っています。安心して熟睡できるように快適な寝床を作ってあげましょう。

ワンちゃんは極端に広すぎたり狭すぎる寝床だと安心できません。体型にあったスペースを確保してあげてください。

また、音にも敏感なのでなるべく静かな場所でゆっくりと寝かしてあげたいですね。

平均の睡眠時間よりも寝過ぎ?

平均の睡眠時間をご紹介しましたが、「うちの子はそれよりももっと寝てる気がする」と心配する飼い主さんもいることでしょう。

平均の睡眠時間から1〜2時間ほど長く眠ることは普通にありますので、そこまで心配しなくても大丈夫です。

しかし、平均より3時間以上寝るようであれば体調不良や環境が整っていないため、満足のいく睡眠が取れていない可能性があります。

愛犬の様子でおかしなところはないか、最適な寝床を提供できているか確認してみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

私たちも睡眠不足だと体調が優れず、日々の業務が疎かになってしまうことがありますよね。

ワンちゃんはとてもデリケートなので、質の良い睡眠を十分に取らせて健康維持に努めましょう。

寝ているときに無理やり起こしたり、寝るスペースが全くないなんてことにならないように、飼い主としてしっかりとワンちゃんの習性を理解したいところです。