すでに夏の移籍期限は過ぎたが、シャルケは新戦力の獲得を発表した。ここまでフリーの状態がつづいていたサシャ・リーターと今季いっぱいまでの契約を結んだことが、金曜日にクラブ公式より発表されている。

今夏にベネディクト・ヘヴェデスとヨハネス・ガイスが、移籍期限終了間際にチームを後にしたシャルケに対して、昨季いっぱいまで所属していたサシャ・リーターが練習参加を直訴。「とても熱心だったからね、だからうちで体調維持に務めることをOKしたよ」と明かしたドメニコ・テデスコ監督だったが、その熱心さが最終的には契約獲得という形で報われることとなった。

ブンデス248試合に出場し、シャルケでは2015年から所属した2年間で22試合でプレーしたベテランサイドバックの獲得にいたった理由について、テデスコ監督は「期待通りにとてもうまくチームに馴染んでいたからね」と説明している。