武藤嘉紀【写真:Getty Images】

写真拡大

 ニュージーランド戦から一夜明けた7日、日本代表が練習を行った。

 左サイドでプレーした武藤嘉紀だが、ノーゴールに終わった。本人も「やっぱり得点を取んなきゃいけない」と改めて振り返った。

 そして、「どういうゲームでも結果っていうのがW杯に向けて非常に大事になってくる。ハイチ戦でチャンスが来るかどうかわからないけど、そこで点を取れたらいいかなと思う」と10日の試合を見据えた。

 ニュージーランド戦ではゴールネットを揺らすことはできなかった。それでも、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督から求められる裏への抜け出しの質は高く、チャンスも作り出していた。

「左で大きなスペースがあったし、相手DFも良くなかったので、もっとこっちを使えればまたチャンスも増えたんじゃないかな。相手にもよるけど、昨日に関しては相手の右サイドバックが全然自分についてこれなかった。カウンターの時とか、やっぱりああいう時にもっともっとみんなでどっちが空いてるとかしっかり話し合いながら、行ければよかった」

 試合後には「次にチャンスがあったらもっともっとポジディブに、少しエゴイストになっていきたい」と意気込んでいる。そしてこの日、「次どういうチャンスが来るかわからないけど、出ることも楽しみ」と述べた。

 ハイチ代表戦で出場機会を得た時、武藤はどのようなパフォーマンスを見せるだろうか。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部