日本代表強化にも影響!? FIFAが国際Aマッチデー開催規定の変更検討と英メディア報道

写真拡大

FIFAが国際Aマッチデーの開催数減と開催期間延長を協議と英メディア報じる

 バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、6日の国際親善試合ニュージーランド戦で2-1と勝利し、来年6月のロシア・ワールドカップ(W杯)に向けて強化を続けている。

 そんななか、FIFA(国際サッカー連盟)は国際Aマッチデーの開催数減と開催期間延長を検討しているという。英公共放送「BBC」が報じた。

 FIFAに加盟する代表チームが対戦する試合を「国際Aマッチ」と定めており、W杯予選などの公式戦と国際親善試合の2種類に分けられている。いずれの場合も各国サッカー協会に選手の拘束力があり、クラブ側は選手派遣の義務を伴う。マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督やアーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、公然と代表招集のスケジュールを批判するなど、クラブ側の不満も小さくないという。

 同記事では「FIFAはより長く、より短いシーズン中のインターナショナルブレイクを議論」と伝えている。「クラブと代表チームのバランスを取ろうとしている」というのが最大の目的で、すでに話し合いは始まっている模様だ。

 来年6月のロシアW杯までの国際Aマッチデー期間は、10月2日〜10日で最大2試合、11月6日〜14日で最大2試合、来年3月19日〜27日で最大2試合と決まっている。さらに以降も2024年までその期間が確定しているが、記事によればクラブ、リーグ、放送局などが同意すれば変更の可能性もあるとしている。

現行規定では同一期間の試合は同大陸で開催

 FIFAの国際Aマッチ開催期間は以前から減少傾向にあるなか、現行の規定では同一期間の2試合は同大陸で行うという決まりがある。仮に現規定のまま国際Aマッチデー開催数が減れば、日本代表の強化にも影響を及ぼす可能性が出てきそうだ。

 日本代表は10日のハイチ戦後、11月の欧州遠征でFIFAランク2位ブラジル(10日/フランス・リール)、同5位ベルギー(14日/会場未定)との対戦を予定している。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images