キャバ嬢も無理?「普通の女の子」坂口杏里はどこをめざすのか

写真拡大

 9月29日、タレントのANRIこと坂口杏里(26)が自身のTwitterとInstagramを更新。「もうやりきりました」と芸能界からの引退を発表した。10月2日放送の“新感覚占いバラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)では、MC陣から出た坂口を心配する声に応えるため、琉球風水志・シウマと魂の救済師・安沙蘭が引退後の運勢を占った。

■キャバ嬢は向いている? 向いていない?

 坂口のSNSは「これからは普通の女の子としてやっていく」と結ばれており、これにシウマが「普通の生活ができるかな」と疑問を投げかけた。シウマの鑑定によると、彼女は生来派手なことが好きな性格であり、これまでも女優、坂口良子(享年57)の娘として、一般の人とはかけ離れた生活を送ってきたと推察できる。普通の女の子として生きていけるのかは、誰もが疑問に思うところだ。

 さらに坂口は、引退後はキャバ嬢として頑張っていくと宣言しているのだが、この決断に対して、シウマと安沙蘭で見解が分かれた。シウマは「名前の画数から見ても向いている」と賛成。しかし、安沙蘭は「自分がチヤホヤされたい杏里ちゃんのような人にキャバ嬢は無理」と真っ向から反論した。

 続けて安沙蘭は「キャバ嬢の世界は派手に見えるが、しっかりビジョンを持ってやっている子が多い。杏里ちゃんが男性との接点を求めているのだとしたら、考えが甘い。彼女の性格からして、お客様をおもてなしすることは難しいだろう」と厳しい言葉をかけた。

■芸能界への復活はあるのか?

 お笑い芸人ともウワサのあった坂口だけにMCななめ45°・土谷隼人(38)も「どちらにしても表舞台から消えるということは、近況が見えなくなるから心配ですよね」と気遣った。安沙蘭も2018年から運気が下がることを気にかけた。

 「杏里ちゃんは、ずっと子どものままなんですよね」とシウマ。過去に報道されたこともあったように、悪い男性に引っ掛かりやすく、自分を見失っていると心配する。安沙蘭も同意見で、守ってくれた母親が亡くなってから、制御が効かない状態にあるという。

 土谷の「タレントしての復活はないんですか?」との問いかけに、安沙蘭は「芸能界に戻ってくる道があるとすれば、海外など。思い切って環境を変えて、何かを成し遂げてくるといい」とエールを送った。坂口杏里の“普通の幸せ”を願わずにはいられない。
(坂井玲子)

>>占いTVを見る