バレンシア、欧州トップクラブが狙う17歳の“世界最高の選手”候補と異例のプロ契約結ぶ

写真拡大

バレンシアが自クラブの下部組織に所属するU-17スペイン代表FWフェラン・トーレスをトップチームに昇格させることを決定した。スペイン『マルカ』が報じている。

右ウィングを本職とするF・トーレスは、その類まれなテクニック、フィジカルによって将来に世界最高の選手の一人となることが期待されている。バルセロナやレアル・マドリーをはじめとした欧州のトップクラブが、獲得を実現させようと動いているとも報じられていた。

バレンシアはF・トーレスの契約解除金を800万ユーロに設定していたが、同額を引き上げることを決断。トップチームに昇格させ、契約解除金を2400万ユーロに引き上げることで、同選手の代理人と合意に至っている。バレンシアが17歳の選手をトップチームに昇格させ、年俸及び契約解除金を数倍に引き上げるのは、極めて異例のことだ。