金曜日に行われた練習では、筋束を断裂していたイブラヒマ・トラオレがチーム練習復帰を果たした。グラードバッハではアザール、ヘルマン、ジョンソンら、ウィングでは激しい定位置争いが繰り広げられているのだが、そんななかでトラオレは先発の座を確保することに成功。

ポカール1回戦に続き、開幕戦での先発メンバーに名を連ね、kicker採点1.5という好パフォーマンスを披露。チームにとって欠かせない存在となりつつあった。しかしそこで29歳のウィンガーは大腿の筋束を断裂。それ以降はここまで離脱を余儀なくされている。

しかし今回のチーム練習復帰に伴い、代表戦期間後のブレーメン戦での復帰も見えてきた同選手は、「とてもいい感覚だ、またチームメイトと一緒にピッチでプレーすることができたからね」と喜びをみせ、「万全な状態になるまでには時間はかかるもの。練習を重ねてまたレベルを戻していくよ。自信と喜びをもってプレーできないとね」と言葉を続けた。