「あと半歩、一歩の差だった」。吉田は失点シーンをそう振り返った。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

[キリンチャレンジカップ2017]日本 2-1 ニュージーランド/10月6日/豊田スタジアム
 
 ニュージーランド戦、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は6人の交代枠すべてを使ったが、そのうち5人は攻撃の選手だった。乾貴士、杉本健勇、小林祐希、倉田秋、浅野拓磨はそれぞれ特長を持ち、代表定着にしのぎを削るライバルたちでもある。

 1-1で状況が停滞したまま推移していたので、攻撃を活性化したいと思うのは至極当然のことである。だが、ちょっと目先の結果にとらわれ過ぎだったのではないだろうか。
 
 これから世界と戦う上でブラッシュアップしていくべきは守備であり、最終ラインである。昨年から最終ライン、とくにセンターバックは競争がないと指摘してきたが状況は変っていない。センターバックを含む守備の安定なくしてワールドカップは勝ち抜けないのだ。
 
 南アフリカ・ワールドカップの時は、直前にシステムと選手が入れ代わり、チームは大きく揺れた。それでも強豪相手に戦えたのはセンターバック中澤佑二と田中マルクス闘利王が高さとデュエルに強く、非常に安定していたからに他ならない。彼らのように安定して戦えるセンターバックをワールドカップに向けて、どう編成するのか。
 
 ニュージーランド戦では吉田麻也と槙野智章がコンビを組んだ。気になったのは槙野ではなく、吉田のプレーだ。攻撃面では相手の背後を取る武藤嘉紀に絶妙なパスを出し、決定機を作るなど他のセンターバックの追随を許さないキックの精度と引き出しをもっている。
 
 だが、守備ではやっていけない失点をしてしまった。59分、左サイドを深くえぐられてクロスを入れられ、高さを警戒していたはずのクリス・ウッドにヘディングで決められたのである。
 
「あと半歩、一歩の差だった」
 
 吉田はそう言ったが、その僅かな差が失点につながるのはワールドカップやプレミアリーグで経験してきたことだ。また、試合前はフィジカルでの対応に自信を見せており、プレミアリーグでの経験からウッドのようなサイズ(191センチ)のFWの対処方法を分かっていたはずなのにやられてしまった。

 しかも先制してまだ10分も経過しておらず、取られてはいけない時間帯に失点している。ワールドカップではウッド以上の選手がゴロゴロしているし、こうした守備では勝点3は奪えない。
 吉田は経験豊富な選手だ。ロンドン五輪では主将となり、チームを4位にまで押し上げた。ブラジル・ワールドカップでは主力として最終ラインを任された。ハリルホジッチ監督の信頼も厚く、長谷部誠と本田圭佑の不在時はキャプテンマークを巻いてプレーしている。しかも、これまで最終予選は全試合に出場し、ロシア・ワールドカップ出場権獲得に大きく貢献した。
 
 しかし、ニュージーランド戦で相手の得意パターンを理解していながらも簡単に失点をするのを見てしまうと、本当に吉田中心で最終ラインはいいのかと不安になる。それでもセンターバックの序列の最前列にいるのは間違いないが一度、吉田抜きで最終ラインを試すべきだ。そうしてチャンスをもらって出場したコンビが活躍をし、序列を書き替えたことが過去にあるのだ。
 
 ジーコが監督になった当初、センターバックは秋田豊、森岡隆三だった。だが、2003年のコンフェデレーションズカップ前、アルゼンチンに1-4とボコボコにやられ、ジーコはそれまで控えだった宮本恒靖と坪井慶介を次のパラグアイ戦に思い切って起用した。突然の抜擢だったが相手をゼロに抑え、宮本たちはセンターバックのレギュラーを勝ち取ったのである。
 
 さいわい、昌子源と植田直通は鹿島でコンビを組んでいる。ふたりの関係性はクラブで築き上げているので、思い切ってプレーできるはずだ。昌子と槙野でもいい。仮に彼らがハイチをゼロに抑え、戦えることを証明すれば吉田にいい刺激になるだろうし、センターバックに厚みが増す。「吉田頼り」ではなく、最終ラインこそより競争を活性化させるべきだ。
 
取材・文:佐藤俊(スポーツライター)

【PHOTO】日本×ニュージーランド戦の美女サポーターたち❤