沖縄の人なら一度は見たことがあると言われる人がいる。それが「おはようおじさん」だ。

その本人が日本テレビ系のバラエティ番組に出演し、ツイッター上などで驚きの声が上がっている。

ヘルメットの上に、ちょんまげのように花束が


「おはようおじさん」出身の沖縄

赤や紫、ピンクと、ヘルメットの上には、ちょんまげのように花束が括りつけられている。ちょっと異様ではあるが、紛れもない「おはようおじさん」だ。2017年10月2日深夜に放送された「好奇心クラブWOW」でのことだ。

きっかけは、司会の博多大吉さん(46)が俳優の満島真之介さん(28)にこう聞いたことから。「人生で一番衝撃を受けたWOWな人とは?」。すると、満島さんは、同じ沖縄出身者として「おはようおじさん」を挙げた。

「昼会っても夜会っても『おはよう』しか言わないんですよ。しかも、自転車乗ってて、どこに住んでるかも分からず、大きなハット被ってるんですけど、全部ハイビスカスで埋まってるんですよ。すべてが、自転車も格好も帽子も......」

これに反応したのが、宮本亜門さん(59)だ。「オレ見たことあるかもしれない」「案外、時々あちこちいるんですよ」。松本人志さん(54)が「じゃあ、沖縄の人はほぼ知っている?」と聞くと、満島さんは、「たぶん知ってると思う」と答えた。

そして、番組スタッフが満島さんの話を事前に聞いて、「おはようおじさん」を探したところ、実際に会うことができたと明かされた。

本名は、金城博吉(ひろきち)さん(82)といい、1日を元気に過ごしてほしいと、いろんな人に「おはよう」と30年以上声かけを続けているという。

映像を見ると、金城さんは、迷彩服の上着に短パンという軽装で、オートバイの座席に腰かけ、前カゴには何かの旗を立てていた。

「ツノなら怖いだろうが、花は平和のあかし」

番組の放送後、沖縄県民とみられる人の間で、あの「おはようおじさん」がテレビに出ていたとツイッター上で話題になった。

番組では、その素性に触れられなかったが、「おはようおじさん」は、一体どんな人なのだろうか。

西日本新聞の過去の記事によると、金城博吉さんは、沖縄県糸満市の出身で、横浜市内などの新聞販売店で約20年間働いて、生活費を貯めた後、48歳で路上での声かけを始めた。「日本中の人と触れ合いたい」とオートバイで全国を何度も旅行しており、九州にも度々出没して「花おじさん」とも呼ばれていた。

その姿は異様でもあるため、警察に通報され、職務質問も3000回以上受けたというが、それでも声かけを止めなかった。頭に花をかざしている理由については、「目立って自分の存在を示したいだけ。ツノなら怖いだろうが、花は平和のあかしでもあるからね」と取材に答えたそうだ。