湘南ベルマーレ【写真:Getty Images for DAZN】

写真拡大

 明治安田生命J2リーグ第36節の試合が7日に行われ、首位の湘南ベルマーレは水戸ホーリーホックにホームで3-0の勝利を収めた。12試合連続の無敗で、早ければ次節にもJ1昇格を決められる状況となっている。

 前半をスコアレスで折り返した湘南だが、55分に野田隆之介のゴールで先制。78分には名古屋グランパスから期限付き移籍して初出場となった高橋諒がさっそくの初ゴールで2点目を加え、終了間際には相手オウンゴールでリードを3点に広げた。

 3位のV・ファーレン長崎はFC町田ゼルビアと1-1のドローに終わり、湘南との勝ち点差は残り6試合で13ポイント差に開いた。次節の結果次第では、湘南は5試合を残しての来季J1昇格が決定することになる。

 15日に行われる次節の試合で湘南が昇格を決めるには、名古屋との試合に勝利を収めることに加え、長崎がレノファ山口に敗れることが必要。昨季のJ1を17位で終えてJ2に降格した湘南は、昇格を決められれば1年でのJ1復帰となる。

text by 編集部