宝塚歌劇をこよなく愛するヘアメイクアップアーティストの山本浩未です。私、“TAKARAZUKA”を知って人生が変わりました! そんなTAKARAZUKAのすばらしさをみなさまにお伝えするべく、観劇の感想や、今後の公演への期待をつづります。すべては私の妄想、個人的な感想&意見でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

vol.35 雪組全国ツアーレビュー『“D”ramatic S!』


雪組(Snow troupe)の魅力を、最大限詰め込んだショーシーン(Show Scene)の数々をお届けする“Song&Dancing Show”。全国ツアー版として、望海風斗を中心とした新生雪組が奏でる“Dramatic”で“Dynamic”なショーに仕上がっています。 

「Dramatic“S”!」から「“D”ramatic S!」へ

早霧さんの”S”から、だいもん(望海さんの愛称)の”D”へ、サヨナラ公演からお披露目公演へ、基本の構成は変わらないけど新たな作品になっていました。サヨナラ公演は演者も観客も作品に思い入れが深くなるので、その思いが冷めてないうちの再演はけっこうハードル高し。なんですが、さすが座つき演出家ならではのアレンジ! ちゃんと新トップコンビのよさを出して新生雪組のレヴューになっていて感激です。しかも私が観たのは望海さんの出身地である神奈川公演。ご本人もいい感じに弾け会場中がキャーキャー大盛り上がり! そしてなにより、半端なく歌上手なトップ2人の歌はすべてを納得させてしまう力がある! お芝居の緊張感をパッと解いてくれるのがレヴューだけど、お芝居でものすごくがんばっただろう真彩さんのも、ちょっと力が抜けてる? ようなとこがチョイチョイあってね、それがなんだか愛らしい…これからの雪組、楽しみです! 

【山本浩未】
宝塚をこよなく愛する乙女系ヘアメイクアップアーティスト。「生活者としてのキレイ」をテーマに活躍中。シンプルでわかりやすい美容理論を元にメイクアップ、コラムの執筆など連載を持ち、健康的で美しく暮らすライフスタイルが、世代を超えた女性に支持されている。近著に「おとな美人を作る「メイクの基本」」(宝島社刊)「今治美肌タオル付き山本浩未のスチームON顔(おんがん)」(講談社刊)「きれいは力」(幻冬舎刊)、「美人メイク基本の“き”」(宝島刊)、「同窓会で二番目にキレイになるには…」(小学館刊)など著書多数