大便は典型的な金銭の象徴です。夢はしばしば価値をひっくりかえして描きますが、これもその一例で、社会的に最も価値のあるものと見なされる金銭が、最も無価値な物と見なされる大便と同一視されるのです。

 

また、体の外に押し出される臭くて醜い感情、考え、態度などを象徴している場合もあります。

 

大小便をする夢は

(1)金銭・財産、またはそれに対する執着

(2)感情の表出

(3)腸や肝臓などの内蔵の疾患・便秘

(4)性的快感(主に小便)を象徴します。

ただし、布団がはがれて体が冷えたための尿意、あるいは飲みすぎ・食べすぎによる尿意や便意といった生理的刺激から、この夢が作られることもあるので注意してください。

 

●大便を踏む・拾う

富、財産の獲得。利得。もしくは何らかの幸運。

 

●大便を食う

大きな儲けやツキ、幸運。獣の糞なら儲け幅はさらに大きくなる。

 

●大便をわが家に持ち帰る

大財を得ること。

 

●便所に落ちる

落ちた後、はい上がることができれば利得がある。落ちたままなら捕らぬ狸の皮算用。

 

●大便の中を歩く

損失、散財。

 

●大便を盗まれる

金銭の喪失、損失。運気の降下。

 

●大小便を盗まれる

金銭的な損失、財産を守らなければという強迫観念。

 

●大便を体に塗りたくる

利得、もしくは愛情。男性の前でそれをやっている夢なら、その人物に対する愛の表明を意味している。

 

●便が出ない

夢主がケチだということ。もしくは腹の中にネガティブな感情を溜め込んでいること。ないし便秘の苦しみ。

 

●知人が大便をしている

予知夢ではその知人に何がしかの金が入ることを暗示している。象徴夢では、その知人が自制心もなく感情をさらけだしているという非難の気持ち。

 

●地上に溢れた大小便を見る

大儲けしたいという願望。あるいは自分の怒りや不満の感情が耐えきれないほど大きくなって溢れ出そうとしていること。予知夢では大きな金運。

 

●大小便が衣服につく

象徴夢では、自分が世間の失笑、軽蔑を買っているのではないかという不安。予知夢では、思わぬ利得があること。

 

●誰かの尻を拭く

金銭を独占したいという欲望。

 

尿の夢

夢における尿は、

(1)価値のあるもの――健康、富、子孫

(2)生命力や活力(血や精液と同じ意味になる)

(3)生活の糧

(4)射精

などを象徴します。

 

また、体の外に放出するというところから、表に現れた感情の象徴になることもあります。無意識に蓄えられている情動は、意識からみると“汚くて臭い”ものです。それゆえ尿という象徴で表されるのです。

 

●尿を飲む

健康が得られること。また利得。性夢では精液を飲むこと。

 

●検尿する

生命力が弱まっている可能性がある。健康のチェックが必要。もしくは、性的な衰えに対する不安。

 

●放尿する

象徴夢では感情の表出。刺激夢では、おしっこにいきたいという膀胱からの信号。予知夢では運がよい方向に展開すること。幸運、財運、悩みからの解放。このケースの場合、放尿の量が多いほど、幸運の度が増す。女性の場合、放尿が妊娠を意味することがある。

 

●器の中に放尿する

器は女性器の象徴。そこに放尿するのは射精の象徴。すなわち子どもを得るという暗示を意味する。また、器が自分のものではなく、他人のものとして描かれている場合は、不倫の子の暗示。

 

(「詳細 夢解き事典」より抜粋・加筆修正)

 

文=藤巻一保

 

「ムーPLUS」のコラム・レポートはコチラ