北朝鮮の対韓国宣伝団体である朝鮮平和擁護全国民族委員会(平和擁護委)のスポークスマンは6日、米韓相互防衛条約が結ばれてから64年に際して、韓国で「侵略と戦争策動に反対、排撃し、ヤンキー侵略軍の撤退を求める各階層の闘争がいっそう高まっている」とする談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

談話は、米韓相互防衛条約は「侵略的で反民族的売国戦争文書として、南朝鮮に対する米国の軍事的占領の象徴であり、植民地的支配のくびきである」と主張した。

また、「米国の白昼強盗さながらの支配と隷属、侵略と戦争策動はこんにち、『北の完全破壊』のほらをはばかることなく吹く老いぼれ狂人トランプの好戦的な狂気とともに、より無分別で危険極まりない段階に至っている」と指摘した。

つづけて、「『北の核脅威に対処した同盟強化』を唱えて米国のこのような北侵戦争狂気をさらにあおり立てているのが、南朝鮮の親米売国奴、同族対決狂である」と韓国を非難した。

その上で、「70余年間持続している南朝鮮に対する米国の軍事的占領と支配、親米・事大売国奴の反民族的売国策動が続く限り、南朝鮮の人民がなめる惨憺たる不幸と苦痛は解消されず、全民族は分裂の悲劇の上に核戦争の惨禍を免れられない」と警告した。