ロペテギは後半のプレーを非難した

写真拡大

スペイン代表監督、フレン・ロペテギは既に落ち着いている。
ロペテギはスペインがアルバニアを相手に3-0の勝利を収めた後、ヒーローインタビューで『TVE』のマイクの前に現れた。

「アルバニアは良いチームだ。失うものは何もないため、良い試合をするためにやって来ると感じていた。」
指揮官はこのように話した後、ジェラール・ピケに対する批判や論争が一週間を通して代表チームにつきまとった事を思い出させた。
「我々は難しく、複雑な一週間を過ごす中でサッカーだけに集中しなければならなかった。」

ロペテギはアルバニア戦の前半の出来が非常に良かった事を強調した一方、後半のプレーに対しては批判的な様子を見せた。
「後半のプレーには満足していない。我々はコントロールを失った。ボールなしでは我々はそんなに良いチームではない。」

最後に代表監督はラ・ロハのW杯出場権獲得に貢献した全ての代表選手達の情熱、熱意、謙虚さ、忠誠心を強調した。
「私は全員に感謝している。」
このように締めくくった。