ドイツ代表レーフ監督、ハインケスのバイエルン復帰を歓迎

写真拡大

『FourFourTwo』は6日、「ドイツ代表監督のヨアヒム・レーフ監督は、バイエルン・ミュンヘンにユップ・ハインケス氏が復帰したことを喜んだ」と報じた。

先月末にカルロ・アンチェロッティ前監督を解任したバイエルン。その背後には主要な選手との対立があったと言われている。

それを受けてバイエルンは新たな指揮官を探し、最終的には2013年までチームを率いていたハインケスを復帰させることを決めた。

監督業から引退していた彼であるが、他でもないバイエルンの頼みということで、2018年夏までの現場復帰を承諾したという。

北アイルランド戦で勝利したあと、ドイツ代表監督のレーフ氏は以下のように話し、ハインケスの復帰はチームにとっていい選択になると語った。

ヨアヒム・レーフ

「ハインケスは、もちろん素晴らしい経験を持っている監督だ。すでに大きな成功を収めた人物であり、チームに大きなインパクトををもたらしてきた。

バイエルンが自分たちで解決策を見出さなければならない状況において、彼はとてもいい選択になるだろうね」