東海大・駅伝戦記 第8回

前回の記事はこちら>>

 日本インカレ、2日目(9月9日)は朝から大勢の陸上ファンでにぎわっていた。

 この日は注目の男子100m決勝があり、ロンドン世界陸上で100mに出場した多田修平と4×100mリレーで銅メダルを獲得した桐生祥秀が決勝で当たることになっていたからだ。

 短距離は空前の人気だ。

 10秒前後で終わる勝負は見ていてもわかりやすく、楽しめる。しかも彼ら2人以外にもサニブラウン・ハキーム、ケンブリッジ飛鳥、山縣亮太らタレントが揃っており、みなレベルが高く、ライバル関係もおもしろい。

 一方、長距離界に目を転じると男子は瀬古利彦、女子は高橋尚子以来、本当のスター選手が出てきていない。マラソンはわかりやすいが、トラックの1万mだとしっかり見ていないと何周回っているのかわからなくなり、観客の興味をつなぎとめておくことは簡単ではない。

「北海道マラソンで優勝した村澤(明伸)や大迫(傑/すぐる)あたりに頑張ってほしいけどね」と両角速(もろずみ・はやし)東海大監督は言ったが、今、長距離界に一番必要なのはスーパースターの誕生だ。地道な普及活動も大事だが、ひとりのスーパースターの活躍によって、そのスポーツの認知度は飛躍的に高まり、盛り上がっていく。鬼塚翔太(2年)や關颯人(せき・はやと/2年)は、その候補となりえる選手である。

*    *    *

 19時00分、選手がトラック上に出てきた。

場内は桐生が9秒98という日本人初の9秒台と日本新記録を出した余韻が残っている。5000mも昼間の暑さがなくなり、コンディションは悪くない。大会記録の13分28秒は十分に狙っていける。

 東海大からは鬼塚、阪口竜平(2年)、そして前日の1500mで敗れ、悔しい思いを抱えた館澤亨次(2年)の3人がエントリーしていた。注目はアメリカ合宿組の鬼塚と阪口がどんな走りを見せるか、だった。1万mで關が思う通りに走れずに苦しんだが、それはアメリカ合宿の疲れなのか、それとも關自身に何か問題があるのか、彼ら2人の走りである程度、見極めることができる。


チームを引っ張る2年生の面々。左から松尾淳之介、阪口竜平、鬼塚翔太、関颯人、館澤亨次、高田凛太觔、中島怜利、郡司陽大

 5000mがスタートした。

 パトリック・ワンブィ(日本大・3年)とレダマ・キサイサ(桜美林大・2年)の2人が飛び出し、阪口、館澤がついていく。鬼塚は真ん中あたりの集団の中に位置している。2000mをトップのキサイサが5分23秒で通過。続いて、ワンブィが後を追うが、阪口と館澤もしっかりとついていっている。2800mを過ぎると鬼塚が遅れ始めた。走りは力強いがスピードがのらない感じで、ちょっと苦しそうだ。1万mに出場した關も途中から遅れたが、アメリカ合宿組は阪口と關、鬼塚の間でどうやら明暗が分かれそうだ。

 3600mからキサイサが独走態勢に入った。

 ワンブィはついていけず、阪口、坂東悠汰(法政大・3年)、館澤の集団に吸収された。ラスト1周の鐘が鳴った。ワンブィがスパートをかけるも後続を引き離せない。阪口は必死に粘っている。2人が前に出て、館澤は坂東と4位、5位争いをしている。前日1500mで5位という悔しい結果に終わった館澤は意地を見せ、喰らいついている。

 阪口はワンブィを差せなかったが3位(13分47秒85)で日本人トップ。館澤は5位(13分52秒98)に入り、1500mの悔しさを晴らした。期待された鬼塚は16位(14分22秒37)に終わった。

 阪口は汗を拭いながら、充実した表情を見せた。

「ラスト200mでいけるかなって思った瞬間、パトリック選手がひとつギアを上げて前に出ていって……。アッと思ったんですが、そこで対応が遅れてしまった。キツくて判断力が鈍ってしまったのもあるんですけど、ラスト200mを過ぎた時点で勝負すればよかった。監督には『期待している。パトリックに勝て』と言われていたんですが、最後に油断してしまいました」

 3位という好結果とは裏腹に出てくるのは反省の弁ばかり。だが、今シーズンの充実ぶりに、”強い選手になったなぁ”という印象を受けた。

 6月の個人学生選手権では5000mで優勝し、最後まで自分が引っ張るなか、ラストの勝負でしっかり勝つというこれまでにない勝ち方に手応えを感じた。

 7月のホクレン網走大会では3000mSC(障害)に出場して8分37秒で1位。東海大記録を更新して両角監督を「いい走りだった」とうならせた。

 昨年は夏合宿で故障し、駅伝を走れず、悔しい思いをしたが、今年は夏合宿を順調に消化し、アメリカ高地合宿にも参加した。充実の夏を過ごしたが、そこには阪口の確固たる強い想いがあった。

「駅伝を走るということです。そのためには、まず日本インカレで結果を出さないと駅伝シーズンは勝負できないと思っていたので、夏合宿からこの大会で優勝するのを目標にしていました。日記にも『日本インカレまで、あと何日』と毎日カウントダウンして、気持ちを高ぶらせていくことで、うまくピーキングが合ったと思います。今までここまで強い想いを持ったことはなかったですが、勝負できて結果も出たので、少しは自信になりました」

 阪口にとって自信になったのは、順位だけではなかった。

 このレースには館澤、鬼塚という、同じ2年生ながら強力なライバルが出場していた。「一番は鬼塚に勝ったこと」と阪口は笑顔を見せたが、同学年をリードする鬼塚を上回ったことは自信をより大きく膨らませることになったはずだ。そして、そのいい走りを実現できたのはライバルの走りが影響していたという。

「松尾の走りは今回、すごく勇気になりました。前日、1万mを応援していたんですが、28分50秒の自己ベストで日本人3位、全体で5位という結果を出したじゃないですか。松尾は一緒に夏合宿をこなしてきた仲間ですし、練習もほぼ同じだったんです。あいつが走れたなら自分もいけるって、そういう思いが芽生えたんで、ホント、力になりましたね」

 トラックシーズンから好調を維持し、夏合宿明けの日本インカレでも結果を出した。今シーズンの駅伝は主力としての活躍が期待されるし、活躍しなければならない。阪口もその意識が非常に強い。

「今年は順調にここまで来られているので、秋冬には5000mで13分20秒台が見えてくると思いますし、20kmも対応できると思っています。駅伝は、まずは出雲ですね。昨年は鬼塚がすべての駅伝で1区を走ったんですが、鬼塚を1区ではなく、他の区に回すことができれば東海大の強みが増しますし、他大学にとっては脅威になると思うんです。自分が1区を走って区間賞取って勢いをつけたい。それだけの力はついてきていると思っています」

 どの競技もそうだが、自信を持ち、急上昇していく選手には独特の「気」が流れている。阪口の余裕のある表情と強い言葉からは、まさにそれが感じられる。

 西出仁明(のりあき)コーチも阪口の走りに表情を崩す。

「今まではレースの後半、ちょっと引いたり、キツくなると離れてしまったけど、今日は前の外国人選手についていった。今までできなかったことができるのは高地トレーニングはじめ、自分がやってきたことが実を結んだからでしょう。ひとつ壁を突き破った感じですし、同じ学年の關や鬼塚に勝ちたいというモチベーションも高く、集中もできていた。すごくよかったと思います」

 昨年の借りを駅伝で返す―――準備は整ったようだ。

 日本インカレの最終日、朝から快晴で3日間、天気に恵まれた。しかも桐生祥秀の日本初の9秒台が出るなど、大いに盛り上がった大会になった。

 東海大の待機所には、選手たちのスーツケースが置かれていた。

 この日は3000mSCに三上嵩斗(しゅうと/3年)が出場するのだが、試合を終えた後、会場からそのまま自宅に帰るのだという。日本インカレに出場した選手は、この後数日間、オフになる。他の選手はお盆時期がオフになったが、彼らは休みなく1カ月、合宿を継続してきた。すぐに出雲駅伝がやってくるが、その前に一度心身ともにリフレッシュし、出雲駅伝に向けて調整していくことになる。

 3000mSCには塩尻和也(順天堂大・3年)が出場する。この種目の第一人者であり、昨年はリオ五輪にも出場した。塩尻の自己ベストは8分39秒89、三上は8分44秒34だ。昨年は9秒差をつけられたが、今年はどこまで差を縮められるのか。

 14時30分、スタートした。

 序盤は先頭の塩尻にピタリとついていった。しかし、1200mを超えると差が開き始める。1000mから2000mまでは2分53秒。このままのペースでいくと大会記録の8分33秒を突破する。塩尻との差はさらに広がり、三上は2、3位争いを繰り広げる。

 ラスト1周の鐘が鳴った。この時点での塩尻のタイムは7分22秒、大会記録更新は可能なタイムだ。

 だが、思ったほどラストスパートが伸びず、8分34秒で大会記録更新を逃した。三上は歯を食いしばって懸命のラストスパートを見せた。なんとか2位を死守し、8分45秒でフィニッシュ。しかし、塩尻との差は昨年よりも広がってしまった……。

「相手は(8月に台湾で行なわれた)ユニバーシアードに出て、この大会で1万mを走り、3000mSCの予選、決勝と試合続きだったのに10秒の差をつけられてしまった。ハードルとか水濠では問題がなかったんで、単純に5000mとか1万mの走力の差が出たかなって感じです。監督には『昨年の9秒差を踏まえての今年の結果だぞ』と言われて、そこを意識してやってきたんですが、オリンピアンとの差はまだありますね。でも、このまま来年4連覇されるのは癪(しゃく)なんで、1年間頑張って来年は優勝したいです」

 強気な性格が言葉ににじむ。塩尻には敗れたが、手応えがなかったわけではない。ラスト150mからのスパートは、スピードがグングンとのって、これが2番手争いを制した要因になった。

「春からスピード練習に特化してやってきて、ラストに(ペースを)切り替えるのは意識してやってきたので、そこは練習の成果が出せたのかなと思います。快心の一撃ではなかったですけど、8分45秒付近で何本も走れて安定感が出てきたので、これからは爆発力を出せるようにしていきたいです」

 勝負には負けたがレースの中に何かしらひとつ、プラスとなる手応えを得ていけば、それを積み重ねていくなかで力がついていく。ラストのスピードと粘りは、今後、駅伝シーズンに入れば三上の武器になっていくだろう。

 三上の走りを「よかったです」とホッとした表情を見せたのは西出コーチだった。大会全体を通してみると1500mで館澤が失速し、アメリカ合宿組の關と鬼塚も本来の走りにはほど遠かっただけに、最終日の三上の快走は松尾や阪口とともに大きな収穫だった。

「三上は最後をしっかりと締めて、いい走りをしてくれました。關と鬼塚については阪口よりも1週間程度早く追い込んでいたので、アメリカに行って最初は疲労でうまく練習ができなかった。そのズレが大きいかなと思います。ただ、しっかりと練習をしてきているので、必ず跳ね返りがある。出雲までには調子を整えていけると思っています」

 結果が出た選手も出なかった選手も真剣勝負のレースの中で現状の自分を把握できた。

 チームとしては、これで出雲を走るメンバーの目処は概(おおむ)ねついただろう。

 この大会に出場した選手の多くが出雲駅伝のメンバーに名を連ねることになるが、今日の結果や手応えを、どう出雲駅伝につなげていくのか。

 いよいよ駅伝シーズンに入っていく。

(つづく)

■陸上 記事一覧>>