完成披露記者会見に豪華キャスト陣が集結/(C)テレビ東京

写真拡大

10月7日(土)よりBSジャパンで放送される「連続ドラマJ 浅田次郎『プリズンホテル』」の完成披露記者会見が行われ、田中直樹、柄本明、菅田俊、矢野聖人、北香那が登壇した。

【写真を見る】田中直樹演じる「連れてこられた支配人」とヤクザの親分役の柄本明/(C)浅田次郎/集英社・BSジャパン

同ドラマは、浅田次郎の同名小説が原作で、田中はオーナーも従業員も極道だらけの“任侠団体御用達ホテル”を任された、カタギの支配人・花沢を演じる。

本作でゴールデン帯の連続ドラマ初主演を果たす田中は、「カタギの人間と任侠の世界の人とのずれ具合、かみ合わなさ、戸惑いをうまく演じて作品の幅につながればいいなと思います。

原作もちろん、このドラマもとても面白く、任侠の方々の独特の世界や空気感に追い付けない自分っていうのが、作品の魅力です」とアピール。

ホテルのオーナーでヤクザの親分・仲蔵を演じる柄本は、ドラマの見どころを聞かれ、「花沢さんは、連れてこられた支配人なんですけど、この顔見てください。“連れてこられた感”あるでしょ? あなた見た時『あぁ、連れてこられたんだな』って。ちょうどいいって思った」と語り、笑いを誘った。

さらに、「今日もこの会見連れてこられて、本当は来たくなかったでしょ?」とイジられると、田中は「来たくないわけない!! 何を言ってるんですか! 一言も言ってない!」と鋭いツッコミで応戦。

しかし「お笑いの世界も、相方に連れられて入ったし、自分の芸能界入りのきっかけと花沢が支配人になったきっかけは似てる」と、自身と役柄の意外な共通点を明かした。

花沢の娘・シゲル役の北は、こわもての男性キャストに囲まれての撮影に対し、「怖い方々って見えるけど、皆さんカメラが回っていないオフの時はギャップがあって、菅田さんがサービスエリアでアイスクリームを食べてる姿にきゅんとしました」と意外な一面を明かした。