U-17ワールドカップに出場する久保建英

写真拡大

24チームが6グループに分かれ、U-17ワールドカップ2017がインドで行われる。10月6日(金)に開幕し、10月28日まで続く。そして、その24チームには現在ヨーロッパ王者のスペインも含まれる。

クロアチアで行われたワールドカップ予選ではFCバルセロナの選手が6人選ばれていた。本戦には5人が再び招集されたが、その内4人のみが現在もバルサに所属している。詳細は右サイドバックのマテウ・ハウメ、左サイドバックのフアン・ミランダ、インサイドハーフとウイングをプレーするセルヒオ・ゴメス、ストライカーでキャプテンのアベル・ルイスである。5人目のセンターバックのエリック・ガルシアは現在はマンチェスター・シティに所属している。なお、ハンドロ・オレジャナは怪我で今回のワールドカップには出場できない。また、現在はエスパニョールに所属するヴィクトル・ゴメスも元々はバルサの下部組織出身である。

加えて、元バルサで現在はFC東京でプレーする久保建英も16歳ながらメンバーに招集されており、日本代表として同大会に出場する。

優勝候補の1つであるスペインは土曜日13:30(スペイン時間)にブラジルとの初戦を迎える。なお、スペインが入ったグループDにはブラジルの他に北朝鮮、ニジェールがいる。