アンカーとしていかに振る舞うかは、自分の中で整理されている。ハイチ戦で先発のチャンスを掴めれば、アピールしたい。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 ニュージーランド戦翌日のトレーニングで、後方からのビルドアップのパターン練習があった。
 
 ピッチに立つ11人は以下のとおり。GKが中村、4バックは右から酒井高、植田、昌子、車屋。中盤はアンカーに遠藤が入り、インサイドハーフは右に小林、左に倉田。3トップは右から浅野、杉本、乾という並びだった。
 
 この練習の中で、遠藤はCBからのパスをSBに落としたり、自らサイドにフィードを飛ばしたりと、多彩な配給を見せていた。
 
 この役割について聞けば、「そこまで細かくは言われていません。シンプルにやる時はやるし、前向きに受けられれば、サイドチェンジをする。そこは自分の判断ですね」と語る。
 
 今の代表でアンカーとして考えられているのは、長谷部、山口、そしてこの遠藤だろう。序列は遠藤が一番下と見られているかもしれないが、本人はどんなアンカー像を描いているのか。
 
「ひとつは、守備でのポジショニング。やっぱり後ろをしっかり助ける役割を求められると思う。そこは自分の中ですごく意識しているし、CBと常にコミュニケーションを取って、CBがやりやすいように。味方に合わせられるのが自分の良さでもあるので。あとは、縦に入れるボールも自分の特長ですね。そこも見せていきたい」
 
 中盤のトライアングルでは、前2枚のインサイドハーフとの連係も重要になってくるが、その点に関しては「守備で前の選手を動かすのはもちろん、前の選手はボールを持てて、リズムを作るタイプが多いので、簡単に預けられる時は預けるように」とイメージする。
 
 ニュージーランド戦ではロスタイムでの投入で、プレータイムは限られていたが、10月10日のハイチ戦では先発の可能性が十分にある。
 
 何をすべきか、何が求められているかは整理されている。アピールする準備はできている。熾烈なサバイバルを勝ち抜くために、訪れたチャンスは必ずモノにしたい。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 
【PHOTO】日本vsニュージーランドの美女サポーターたち♥