「女として見てほしい」という感情が…

 連日、テレビのワイドショーから漏れ聞こえる「不倫」という言葉に反応している女性たちがいる。40代、人妻──。彼女たちの不倫に関する相談が数多く集まっているというのは、「恋人・夫婦仲相談所」所長の三松真由美氏だ。

「四十路にさしかかった女性には突然、“変化”が次々とやってきます。子供がある程度大きくなって、子育ての忙しさがちょっと落ち着く。夫との寝室事情の不協和音も出ている時期なので、時間が自由になったぶん、家庭の外で“一線を越える”ことも起こりやすくなる。『母』である自分から『女』である自分に戻るのが40代なのです」(三松氏)

 この年代は、性に対する意識も大きく変化する。“積極派”と“消極派”に二極化し、積極派は鮮やかに花開くと、三松氏はいう。

「女性が40代に入ると、加齢によって女性ホルモンが減少し、相対的に男性ホルモンが高まる。そのため、若い頃より性欲が高まり、性に対して積極的になるといわれます。“心置きなく楽しみたい”と、多くの女性が口にしています」

 そんな“気分”になる女性の心理を、夫と小学生の子供がいる美穂さん(44)は、こう語った。

「この夏に劇場版の『昼顔』を観たんです。ドラマを放送していた時(2014年)は“昼顔現象”なんていわれていたけど、私は子供の世話で忙しくて観てなかった。それが映画を観たら、“女スイッチ”が入っちゃった。

 テレビの不倫報道では『怒りの主婦の声』とかやりますが、本音は違いますよ。山尾(志桜里)議員が男性と週に4日会っていたという報道を見て、“ああ、この人は女に戻れたんだな”って。斉藤由貴が、差し出された男性の手をつないだ理由を“一瞬甘えたくなった”と答えたのも、すごくわかる。人の不倫に反応するのは、怒りではなく焦りで、ズルいという気持ちなんです。“私も、したい”“早くしないと”という感情に急き立てられるんです」

 女として見てほしい──そんな感情が背徳の行為を後押しするのだという。

※週刊ポスト2017年10月13・20日号