良きライバルと切磋琢磨のDF昌子源「槙野くんのプレーは素直にナイスプレー」《キリンチャレンジカップ2017》

写真拡大

▽日本代表は7日、10日に日産スタジアムで行われるキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に向け、トレーニングを再開した。

▽練習終了後、DF昌子源(鹿島アントラーズ)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。先のニュージーランド代表戦で自身に代わって先発のDF槙野智章(浦和レッズ)を称え、「ライバルだけど、互いに向上していく中で良い関係を築けている」とサバイバルレースでの充実感を漂わせた。

◆DF昌子源(鹿島アントラーズ)

──現在の心境

「相手に長所に許して非常に苦しい展開だったけど、何より勝ったことが良かった。次の試合も目指していこうという話があった」

──久々に先発から外れた

「外からチームの良し悪しを見ることができた。個人としても、僕だったらどうやってあそこまでロングボールを使ってくる相手に対応できたかなとか、少し考えた。あまり深く考えてはいない」

──失点シーンについて

「あれは難しいと思う。センターバックや、サイドバック経験者であれば、本当に難しいシーン。すごく良いクロスだったし、なかなかマークの付きづらいところに相手もいた。あの場面は相手の方が一枚上手だったと思う。じゃあ、僕が出ていたらと考えても、なかなか難しかった」

──あのような選手がごろごろいるのがワールドカップ

「もっとすごい相手が待っている。次、ブラジルとベルギーとやる。ワールドカップはそういうチームしかいない大会だと思う。全然、ニュージーランドを格下とか、同等とも思っていないけど、もう少し点差をつけたかったなと。こういう試合がワールドカップであるかもしれないし、もしかしたらもっと支配されてブロックを作り続けないといけなくなるかもしれない。内容どうこうよりまず勝つことが大事。昨日は勝って良かった」

──現在のチームは南アフリカ大会の戦い方に近い

「(あの当時の)中の雰囲気や戦術はいなかったのでわからない。ハリルさんも言っているけど、デンマーク戦でFKから得点があったり、そういうのが多かった気もある。そういうのはドリブルで仕掛けるから起こりうるわけで、前の選手がより一層突き詰めていってくれれば。言い方は悪いけど、FKは楽な点の取り方。僕らが関わっていないのに点が入ってくれる。サッカーをやっている人はセットプレーの大事さをわかっているし、キック精度の高い選手が多い日本の武器にしていっても良いと思う」

──この合宿中、ディフェンス陣での話し合い

「ディフェンス陣だけではしていないけど、センターバック陣とは良いコミュニケーションを取ってやれている。もちろん、ワールドカップに向けてライバルになるけど、昨日の槙野(智章)くんのプレーに関して素直にナイスプレーって言った。この前のオーストラリア戦だと、槙野くんもそう言ってくれた。ライバルだけど、互いに向上していく中で良い関係を築けている」

──いきなり先発を外れたことによるメンタル面への影響は

「僕はあまり気にしていない。出られなかったからって、槙野くんに抜かれたとか、僕の方が上だとか思っていない。長いようで短い8カ月間で良い準備をしていきたい」