アンカーでの起用が濃厚なMF遠藤航「中盤での自分の良さを出していきたい」《キリンチャレンジカップ2017》

写真拡大

▽日本代表は7日、10日に日産スタジアムで行われるキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に向け、トレーニングを再開した。

▽練習終了後、MF遠藤航(浦和レッズ)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。チャンスを得るためにしっかりと継続していくことを語った。

◆MF遠藤航(浦和レッズ)

──次の試合への思いが強いと思うが

「ちょっとしか出られなかったですけど、次への準備ということで、今日の練習からしっかりやることを意識しました。昨日の使われ方をどうこう言える立場ではないと思うので、しっかり与えられたメニューをやることと、次に向けて準備するということです」

──今日はアンカーに入って練習していたが

「まだ練習ではちゃんとやれていないので、今日初めてやりました。難しいのは感覚的なところというか、クラブでも他のポジションではやっていますけど、中盤ではやっていないので、後ろからのプレッシャーを受けたりとか、視野の部分の感覚を自分で取り戻さないといけないです」

「運動量とかそういった部分は、クラブでも意識してやっているので問題ないかなと思います。ボールを受ける場所とか、前との関係性は、明日の練習でもしっかり高めていきたいと思います」

──途中出場した倉田秋が結果を残したが意識はするか

「そんなに意識しないというか、チーム全員で戦うという意識が強いので、結果的にしっかりチームとして勝ったことは素直に良かったと思います。その中でも、内容的には満足していないです。次はどう行ったメンバーでやるかはわからないですが、少しメンバー変わることは予想されています。フレッシュなメンバーとか、出場機会がない選手がどうやってアピールするかとかか、思い切りチャレンジすれば良いかなと思います」

──11月は良い相手との試合が組まれているから絡んでいきたいと思うが

「そうですね。アピールしていくだけなので。しっかり残り少ない期間ですけど、大事にしていきたいです。中盤は、自分はここに来ないとプレーできないので、しっかり大事にしたいですし、試合に出れば、中盤での自分の良さを出していきたいです」