高い意識を示したMF小林祐希「パスを出して次の人がミスをしたら、俺のミスと同じ」《キリンチャレンジカップ2017》

写真拡大

▽日本代表は7日、10日に日産スタジアムで行われるキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に向け、トレーニングを再開した。

▽練習終了後、MF小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。高い意識を持ってプレーしていくことの重要性を語った。

◆MF小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)

──ニュージーランド戦の自分のプレーは

「もっとボールさわれたかなと思います。そこは課題というか、もう少し要求していいかなと思います」

「昨日も言いましたが、評価に値するかどうかは分からないです。あの時間帯で、あの相手だとあれぐらいできて…というか、もっとできないといけないかなと思います」

──代表に呼ばれた当初は結果を追い求めていたと思うが、昨日は味方を使うプレーも多かった

「自分がパスを出して次の人がミスをしたら、俺のミスと同じです。常に次の人が楽なパス、楽な状況を作れるように意識してプレーしてきたし、よりそれができるようになったかなと。昨日はできました。これからもっと突き詰めていかないと、相手のレベルが上がった時に焦ってパスを出して次の人が囲まれるとか、次の人に選択肢がないのにパスを出してしまうとか。そういったことは良くないと思います」

──CKのキッカーを務めていたが

「1本目は良かったですけど、2本目、3本目は良くなかったです。(杉本)健勇しか狙っていなかったので。あいつに点取らせてあげたいなと思ってたので、あからさまにニア狙い過ぎました(笑)」

──ハリルホジッチ監督はボックス付近でFKが少ないと会見で言っていた

「ファウルがもらえないのは、簡単に落とせと言われているからです。キープしてターンしたりする奴がいれば良いんだけど…監督が来たボールはすぐ落とせと言うからみんなそれをやっているだけです。ファウルをもらうためには強引なターンとかあっても良いのかなと」

──次のハイチはそこまでレベルが高くないが、どういったプレーをしたいか

「俺は全くそういう風(レベルが低い)には思ってないんで。どの国もどのチームがレベルが上がっているし、日本のJリーグもレベルが上がっている。相手が格下とか格上とか思って試合に入ったことはないです」

──ニュージーランド代表でアシストしたロハスはヘーレンフェーンのチームメイトだが

「おめでとうと言いました。燃えると言うより、世界の各国に友人、戦友ができていくのは、サッカーを通して素晴らしいなと感じました。もっとビッグクラブに行って、強い国に仲間ができてくれば良いなと思います」