本職の守備では失点に絡んでしまった吉田だが、攻撃面では正確なフィードで前線の選手を走らせた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[キリンチャレンジカップ2017]日本 2-1 ニュージーランド/10月6日/豊田スタジアム
 
 CFの大迫勇也はニュージーランド戦を振り返り、「今日は麻也くんがボールを持った時に、自然と攻撃のスイッチが入っていた」と語っていた。
 
 前線の動きをよく観察し、最終ラインから精度の高いフィードや縦パスを供給する。攻撃面で小さくない貢献度を示していたCBの吉田麻也には、どんな狙いがあり、自身のプレーをどう評価しているのか。
 
「(相手の)サイドアタッカーは、そこまでアジリティに特化していなかったので、ワンアクション、ツーアクション入れると、次の動きで振り切れていた。(久保)裕也にも出せるタイミングはたくさんあった。相手は前に重心があった分、後ろにスペースがあって、そのあたりはヨッチ(武藤嘉紀)とも話していて、何度か良いボールを通せていたと思う。
 
 ただ、もうちょっとゴールに直結するボールを出せれば。ヨッチがそのままコントロールしてシュートを打てるようなパスを出したかった」
 
 吉田はこう話すが、実際、34分には武藤の決定機を演出した高精度のロングフィードを供給している。
 
 代えの利かないディフェンスリーダーは、チャンスメーカーとしても重要な働きをこなす。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】日本vsニュージーランドの美女サポーターたち♥