久々にプレーした左ウイングで好印象を残した武藤。しかし、ハリルホジッチ監督はその出来に満足していなかったようだ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[キリンチャレンジカップ2017]日本 2-1 ニュージーランド/10月6日/豊田スタジアム
 
 2-1で辛くも勝利を収めたニュージーランド戦から一夜明け、武藤嘉紀が改めて報道陣の前で口を開いた。得点こそ奪えなかったが、FC東京時代以来となる左ウイングでのプレーには手応えを感じたようだ。
 
「左サイドにスペースがあったし、相手の右サイドバックも僕の動きについてこれなかった。もう少しこっちのサイドを徹底して使っても良かった。そこはピッチでの話し合いが足りなかったかなと思います」
 
 本人の感触とは裏腹に、ハリルホジッチ監督は武藤のパフォーマンスには必ずしも満足していないようだ。「もっと中でプレーしてほしかった」と試合後の記者会見で語り、その考えは武藤も理解しているという。
 
「そこは一番難しい問題。みんなとも話しましたけど、僕と久保選手が中に入ると、真司君(香川)のスペースが消えてしまう。『中に入ってこい』という話でしたけど、全部中だと崩せない。そこは監督の話を聞きつつ、選手が判断すればいいと思う。監督が言いたいのは、たぶん距離感。(香川との)距離が少し遠かったという話なのかもしれない」
 
 ニュージーランド戦で感じた戸惑いをどう解消し、どう結果に結びつけるか。出番が与えられるかは微妙な状況だが、次のハイチ戦(10月10日)が武藤にとっての試金石になりそうだ。
 
取材・文:高橋泰裕(ワールドサッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】日本vsニュージーランドの美女サポーターたち♥