バルトメウはイニエスタとサインを交わした

写真拡大

FCバルセロナの会長ジョゼップ・マリア・バルトメウは、アンドレス・イニエスタの契約更新について開催された記者会見でこのように語った。
「クラブが119年の歴史の中で1人の例外的な選手に報いるために生涯契約を交わすのは今日が初めてだ。」

バルトメウはこのように振り返った。
「イニエスタは12歳でここに来た。そして全キャリアをここで過ごしている。2003年から彼はバルサの偉大な成長と共に多くのタイトルを獲得してきた勝者の時代の一員だ。そして彼はこのチームにバランスをもたらしてきた選手だ。他の選手達が入れ替わる中、彼は常にここにいた。」

FCバルセロナの会長は改めてイニエスタの偉大さを強調した。
「バルサのサッカーにおいて、ここまで成長し、形成され、成功を収めた他の選手はいない。私は全てのクレを満足させる合意だと思う。彼は将来の選手達にとって模範となるだろう。我々は彼らに常にアンドレスを見ろと言う。そのタレントやプレースタイルだけでなく、彼のあり方を見ろとね。」

さらにバルトメウはイニエスタの契約更新の発表がアンドレスの父の誕生日と一致している事を明かした。
そして最後にイニエスタにこのような言葉を贈った。

「クラブの会長、そしてクレとして彼の成功が続く事を願うばかりだ。我々はアンドレスに感謝している。」