プロダンサーの『パラパラ』が、もはや別物! 懐かしさがぶっ飛んだ

写真拡大

1990年代から2000年代前半にかけて、ギャルの間で流行したダンス『パラパラ』。

『NIGHT OF FIRE』をはじめとしたユーロビートにのせ、左右に一定のステップを踏みながら、上半身の動作を中心とした振り付けが特徴です。

当時のギャル文化を象徴するパラパラ。そんな中、プロのダンサーが本気でパラパラを踊る動画が「もはや別物」「すごすぎる」と話題を呼んでいます。

踊っているのは、振付師・ダンサーとして活躍している、菅原小春さん(動画、左)。

安室奈美恵さんのバックダンサーや、三浦大知さんとMVで共演しているだけでなく、世界的歌手のスティーヴィー・ワンダーさんとCMで共演したこともある実力の持ち主です。

抑揚のある振り付けを取り入れるなどのアレンジがされており、もはやパラパラとは違うダンスと化しています!!

簡単な動作で誰もが気軽に踊れることもパラパラの魅力。

もしも当時のギャルがここまで本気で踊っていたら…あそこまで流行することはなかったのかもしれません。

[文・構成/grape編集部]