“リンクマン”小林が示した可能性 「ボールを受けたがる選手が少ない」なか出色の輝き

写真拡大

NZ戦で途中出場からリズム 「周りの選手がフリーになってくれればいいかなと」

 日本代表MF小林祐希(ヘーレンフェーン)は、6日の国際親善試合ニュージーランド戦で後半15分からMF香川真司(ドルトムント)に代わって出場。

 ゴールやアシストはなかったが、中盤での存在感は出色だった。

 香川は4-2-3-1のトップ下を務めていたが、小林が投入された時点で中盤はアンカーに山口蛍(C大阪)を置き、井手口陽介(G大阪)と小林がインサイドハーフに並ぶ形に変化した。交代の時点で「ボールを受けたがる選手が少ないと思っていたので、そこで触ってリズムを作って、周りの選手がフリーになってくれればいいかなと思っていました」と振り返った小林は、上手く相手の守備組織の中で“浮いて”ボールを引き出し、それを前線のアタッカーにスムーズにつなげた。リンクマンとしては申し分のない動きだったと言える。

そして後半40分には、左サイドの深くまで入り込んだMF乾貴士(エイバル)から、バックパスのような落としのボールを受けると左足でダイレクトシュート。惜しくもGKの守備範囲内に飛んでしまった。小林も「まあ、決めたかったなと」とチャンスを逃したことへの悔しさは話したが、「ただ、そこにいるというか、ペナの中に入っていったのは良かったと思っている」と前向きに捉えている。

 約30分間のプレータイムだったが、これまでの日本代表のゲームでは最も効果的にゲームに関与していたと言っても良いだろう。直前の時間帯で同点に追いつかれて相手にペースを握られていた日本だったが、小林投入によって主導権を取り戻す効果は十分に発揮されていた。

チームメイトからさらに信頼を得られれば…

 惜しむらくは、シンプルに小林に預ければ前方がオープンで、次のプレーが選択しやすい場面でも、ボールを預けてもらえない場面が目立ったことだ。小林本人は「まあ、もらいたい時も(ボールが)来ないというのは普段からあること。仕方がないのでリズムを作ろうと意識して入っていたので最低限はできたと思います」と話したが、よりチームメイトからの信頼感を得て、プレーを理解してもらえればより大きな存在感を示せるはずだ。

 オランダでプレーする小林は、「ビハインド・ザ・ボール」という、味方の攻撃時にボールより後方に位置してカウンターに備えるバランスを取りつつ、前方の視野を確保しておいてボールを配っていくプレーに長けている。スタメン起用のチャンスをつかみ、さらに味方選手からボールを預かる機会を増やすことができれば、日本の攻撃は小林経由でスタートするという強い印象を植えつけることも可能なはずだ。

【了】

轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images