2008年CL決勝のPK戦、ファン・デル・サールが語った勝利の秘訣

写真拡大

『FourFourTwo』は5日、「元オランダ代表GKエドウィン・ファン・デル・サールは、2008年のチャンピオンズリーグ決勝について語った」と報じた。

マンチェスター・ユナイテッドでプレーしていたファン・デル・サールは、2008年の決勝でチェルシーと対戦。1-1で120分を終えたあと、PK戦に臨んだ。

そしてサドンデスに入ったあと、彼がチェルシーFWニコラ・アネルカのキックを防いだ時にユナイテッドの勝利が決まった。

ファン・デル・サールはこの場面について以下のように話し、PK戦に向けて緻密な分析を行っていたことを明かしたという。

エドウィン・ファン・デル・サール

「私は覚えている。試合の前、チェルシーのPKをたくさん勉強したことをね。

そう、例えば…フランク・ランパードのPKのは40本ほど分析しただろう。

それをノートに書き込んでいて気づいたんだ。ニコラ・アネルカはほとんどの場合ゴールキーパーの右に蹴ってくることを。

それから、チェルシーが私について研究していたことを聞いた。そして、私が良く右に飛ぶことを学んでいた。

したがって、私はチェルシーの選手が私の左へ蹴るように言われているだろうと思っていたし、彼らはそうした。

そして、アネルカはそれと違うところに蹴ってくるだろうと思っていたよ。そして、ありがたいことにああなった」

「アネルカのPKをはじき出した後の数秒間、世界から切り離されたような感覚だったよ。

チャンピオンズリーグ決勝に勝った時、そして仲間がこちらに走ってきた時、それ以上にうっとりできる経験はなかったと気づいた。

それは、私のキャリア全体の中でのハイライトだった」