セビージャDFカリソが手術! 数週間離脱へ

写真拡大

▽セビージャは6日、ポルトガル代表DFダニエル・カリソが右大腿四頭筋腱損傷の手術を行い、数週間の離脱となることを発表した。

▽カリソは今週前半のトレーニング中に負傷。その後、精密検査を受けた結果、右大腿四頭筋腱損傷と診断され、5日にバルセロナのラモン・クガート医師の下で手術を受けた。

▽最終ラインの複数ポジションでプレー可能なカリソは、今シーズンここまでのリーグ戦3試合に出場していた。