ロヒンギャ問題に解決策はあるのか(写真:Danish Siddiqui/ロイター)

ミャンマーが危機に陥っている。仏教徒が圧倒的多数を占める同国では、軍がイスラム系少数民族・ロヒンギャを弾圧、多数が難民と化している。深刻化するロヒンギャ問題によって、ミャンマーの民主化プロセスは阻害され、事実上の指導者、アウンサンスーチー氏の名声は回復不能なまでに失墜しようとしている。

ミャンマー政府は何十年にもわたって、ロヒンギャの存在を認めてこなかった。ロヒンギャは同国人口の2%を占めるが、市民権を拒まれ、住民としての基本的権利すら与えられてこなかった。こうした全面的差別が民族浄化へとエスカレートしたのは8月のことだ。ロヒンギャ武装勢力が軍の駐留施設を攻撃したのをきっかけに、掃討作戦が開始されたのである。

あのスーチー氏はどこへ行ってしまったのか

この人道的危機を阻止するどころか、悪化させたのがスーチー政権だ。確かに、弾圧を指揮する軍はスーチー氏の支配下にない。だがスーチー政権は、国連機関が緊急物資を届けるのを妨害。国連人口基金、国連難民高等弁務官事務所、ユニセフによる被害地域での活動は停止に追いやられた。

民主化のために戦い、ノーベル平和賞という国際的な名声を得た、あのスーチー氏はどこへ行ってしまったのか。同氏が率いる国民民主連盟(NLD)が2015年の総選挙で勝利したことにより、旧ビルマにおける50年もの軍事独裁に終止符が打たれ、新しい時代が訪れるものと思われた。

しかし、ロヒンギャ迫害が続く中、ミャンマー民主化への信頼は急速に失われつつある。議会議席の25%を押さえる軍はスーチー氏の大統領就任を阻止し、既得権集団とも共謀しながら、同氏の職務権限に制約を加えている。

軍は今、民族的・宗教的マイノリティーのロヒンギャを迫害し、殺害までしているが、これらはすべて政治的な理由からだ。

ミャンマーでは近年、仏教民族主義が勢いを増し、ロヒンギャへの憎悪と暴力をあおってきた。軍はロヒンギャを弾圧することで、仏教僧からの支持を取り付けているのだ。ミャンマーでは今も仏教僧の影響力は大きく、軍といえども権力基盤を脅かされかねない。

一方、スーチー氏は、まさに板挟みである。ロヒンギャの側につけば、軍だけでなく、多数の有権者からの強烈な反発にさらされる。しかし、沈黙を続ければ、自身の倫理的権威は地に落ちる。

政治的リスクを引き受けよ

確かに、スーチー氏はコフィ・アナン元国連事務総長を委員長とする特別諮問委員会を設置し、対処法を探った。だがそれは、単なる時間稼ぎの作戦だったように見える。自らのジレンマを解消する道をアナン氏が見つけ出してくれるものと期待していたのだろう。

もちろん、それはありえないことだった。諮問委員会がスーチー政権に求めたのは、ロヒンギャの市民権を確認するための明確で、透明かつ有効な手順および時間軸を、即時に確立することだった。

スーチー氏は、1991年の平和賞受賞に際し、ノーベル委員会から「力なき者の力」の傑出した模範とたたえられた人物だ。同氏こそが和平の推進役とならなければならない。確かに、権限は厳しく制限されており、同氏に軍を従わせる力はない。だが、同氏の倫理的権威はかつて軍を屈服させるほどの力を持っていた。そのパワーは今もまったく減じていない。

スーチー氏は政治的リスクを引き受け、過去にそうしたように、軍に立ち向かうべきだ。

2012年のノーベル平和賞受賞記念講演で、スーチー氏はこう言った。「忘れられることは、自分の一部が死ぬということ」。ロヒンギャが虐げられ、忘れられるのを、同氏は許してはならない。