香川の同僚MFクリスティアン・プリシッチが2ゴールに絡んだ

写真拡大

[10.6 W杯北中米カリブ海予選 アメリカ4-0パナマ]

 ロシアW杯北中米カリブ海予選の第9節が6日に各地で行われ、4位アメリカ代表はホームで3位パナマ代表に4-0で勝利した。直接対決を制したアメリカは4試合ぶりの白星で自動出場圏内の暫定3位に浮上。最終節は10日に開催され、アメリカは敵地でトリニダード・トバゴ代表に勝てば8大会連続11回目のW杯出場が決まる。

 北中米カリブ海予選は前節を終え、首位メキシコが7大会連続16回目のW杯出場を確定。アジア予選5位チームとの大陸間プレーオフに回る4位と追い込まれていたアメリカは、ホームにパナマを迎えた。

 試合が動いたのは前半8分。日本代表MF香川真司とドルトムントでチームメイトの19歳MFクリスティアン・プリシッチが中央突破からGKもかわし、右足でゴールに流し込む。

 前半19分にPA内左からのプリシッチの折り返しをFWジョジー・アルティドールが押し込むと、同43分にはアルティドールがPKを沈めて追加点を奪取。畳み掛けるアメリカは後半18分、3点目のPKを獲得していたFWボビー・ウッドがPA内でパスを受けると、巧みなトラップから右足でシュートを突き刺し、4-0と勝利を決定づけた。

 そのほか、ホームでトリニダード・トバゴと対戦したメキシコ代表は3-1の完勝。1日遅れの7日に試合を行う2位コスタリカ代表は、5位ホンジュラス代表とのホームゲームを引き分け以上で終えれば、3大会連続4回目の本大会出場となる。

以下、試合結果および順位表

第9節

10月6日(金)

アメリカ 4-0 パナマ

メキシコ 3-1 トリニダード・トバゴ

10月7日(土)

コスタリカ vs ホンジュラス

第10節

10月10日(火)

トリニダード・トバゴ vs アメリカ

パナマ vs コスタリカ

ホンジュラス vs メキシコ

1.☆メキシコ(21)+10

2.コスタリカ(15)+7

3.アメリカ(12)+5

4.パナマ(10)-2

5.ホンジュラス(9)-7

6.トリニダード・トバゴ(3)-13


●ロシアW杯北中米カリブ海予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧