囲み取材に応じた伊藤

 今年7月に第一子を出産した、モデルでタレントの伊藤千晃(30)が7日、都内で開かれた、出産後初の作品となるフォトブック『CHEERS』(主婦と生活社)の発売記念イベントに出席。イベント前には報道陣による囲み取材にも応じた。シャンパンピンク色のエレガントな衣装で登場した伊藤だが「体調はどうか」という問いに「(子供の)体重ですか?」と返すなどママの顔をのぞかせた。

 フォトブックは、妊娠初期から臨月までの“表情”や“素顔”を写真で記録した作品。「これから始まる伊藤千晃を写真で残したい」という意向のもと、第二章の始まりに「乾杯」と、これまで応援してくれたファンへの感謝の思いを詰め込んだ。

 この日、シャンパンピンク色のエレガントな衣装姿で登場した伊藤。沢山のフラッシュを浴びたフォトセッション後に囲み取材に応じた。最初の質問は「体調はいかがですか」。伊藤は「(子供の)体調ですか」と返し、心はすっかりママの様子だった。

お気に入りショットをみせる伊藤

 作品のタイトルには、色んな表情が詰まっている事や、ファンへの感謝の気持ちと第二章の始まりを祝して、親愛と乾杯の意味がある英単語「CHEER」と自身の名前を複数形でかけたという。

 そんな作品は「この時期にやって良かったと思いました。メイクもほとんどしていなくて、そういった意味でも素顔。フォトブックを作るときはだいたい色んな表情やポージングを考えて挑みますが、今回は考えずに本能のまま。カメラを向けた時の表情そのままで挑みました」と振り返った。

 なかでもお気に入りのショットは、白いランジェリー姿で臨んだもの。そのうちの一つは妊娠7カ月のもの。「表情や自分のなかで出したかった大人っぽさが出せた。ランジェリーも背伸びせずに着れた」とも。更にはこの作品でしか披露していない結婚指輪、婚約指輪を付けたショットもチラリと紹介。

指輪が写った写真をチラ見せする伊藤

 その作品に向けて「千晃ちゃんの思うように色んな事をやってみるといいよ」と背中を押した夫には「恥ずかしくてまだ見せていない」そうだ。

 作品に収録のインタビューでは結婚後の心境も綴られている。結婚したことで昼夜が逆転したという伊藤は「グループの時は遅くまで起きていることが多かった。結婚、出産を経た今は朝、ちゃんと起きることが多くなった」とも。

 更に、「(夫に)鳥の照り焼きを褒められました。美味しいと言ってくださいましたし、美味しいと言ってもらえたものはノートに星印を付けて」とし、「洗濯は自分が好きなので進んでやっています。重たい荷物は主人に」と新婚生活の様子を明かした。

 また、子育ては「寝る時間がちゃんと取れなくて、徐々に体力は奪われて疲れてくるけど、最近は子供が笑うようになって。笑った顔をみたら大変さも疲れも吹っ飛ぶ」とも。誰に似ているか、という問いには「口元は私ににているけど、あとは私じゃないと思います」と笑みをこぼした。

 今後は「美容やメイクに興味があるので、そういったことをやっていきたい」とした。なお、この日は1500人が来場した。14日には大阪、15日には名古屋でそれぞれ発売記念イベントが開かれる予定で、両所でも各1500人が来場する見込みだという。【取材・撮影=木村陽仁】

産後3カ月とは思えないスラリとしたスタイルの伊藤 お気に入りショットをみせる伊藤 囲み取材に応じた伊藤 指輪が写った写真をチラ見せする伊藤