中央の大迫(15番)を基準点に、久保(11番)や武藤(9番)が流動的に絡んだ仕掛けは可能性を感じさせた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[キリンチャレンジカップ2017]日本 2-1 ニュージーランド/10月6日/豊田スタジアム
 
 先発に名を連ねた前線3枚は、右サイドに久保裕也、左サイドに武藤嘉紀、そして中央に大迫勇也という編成だった。
 
 とりわけ前半は、大迫にパスが入ってから、久保や武藤との連係で局面を崩すシーンが何度か見られた。相手の寄せが甘く、対応もルーズだった部分はあるが、それでも悪くないコンビネーションだった。
 
 3人の距離感について、久保は「サイドに張り過ぎず、3トップ気味にやっていました。相手は5バックで真ん中に密集していたから、3人でどうこうというのは難しかったですけど、距離感は以前に僕が出ていた時より、良かったと思います」とポジティブな変化を語る。
 
 基準点となる大迫は非凡なキープ力でタメを作る一方、シンプルな捌きで攻撃のテンポアップを試みる。
 
「そこは監督から常に言われているので。勢いよく行けるように、と」
 
 大迫は狙いをこう明かすが、前線における流動的な崩しは可能性を感じさせるものだった。久保は「良い位置でサポートすれば、サコ君はけっこう出してくれるので。自分のポジション取りが大事になってきますね」と、不動のCFへの信頼を口にする。
 
 中盤やSBとの連係ではなく、前線3枚だけで中央から崩し切る。CF+ウイングというより、あくまでも「3トップ」のイメージ。例えば、大迫からの落としを受けた久保が、裏を突いた武藤にスルーパスを通す。まだまだ連係を深めなければならないが、距離感を重視しながら、3人目の動き出しがスムーズに生まれるようになれば、厚みのあるカウンターを繰り出せるはずだ。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】日本vsニュージーランドの美女サポーターたち♥