サッカーより地球の方が重要だ…元ユナイテッドDF、その第二の人生とは

写真拡大

『BBC』は4日、元マンチェスター・ユナイテッドのDFリチャード・エッカーズリーのインタビューを掲載した。

リチャード・エッカーズリーは1989年生まれの28歳。マンチェスター・ユナイテッドの下部組織で育成され、2007年にトップチームにデビューしたサイドバックだ。

2試合に出場したものの、2009年に退団してバーンリーへ移籍。その後は数クラブへのローンを経てアメリカに渡り、トロントFCとニューヨーク・レッドブルズでプレーした。

そして2015-16シーズンにオールダムに所属した後、26歳で現役を離れることを決断。昨年トットネスという田舎町に引っ越し、「zero waste shop」という自然食品店を開いた。

彼はインタビューに対して以下のように話し、サッカーも全て地球あってこそのものだと気づいたと語ったという。

リチャード・エッカーズリー

「サッカーがただのスポーツであることが分かった。それが全てではない、それで終わるわけではないと。そして思ったんだ。自分の情熱は、少し死んでしまったなと。

チームから離れた時、僕はサッカーから引退する準備が出来ていた。正しい時間がやってきたと。これ以上夢を引き伸ばしたくないとね」

(7歳でユナイテッドに入団し、プロデビューも果たした)

「僕は完全にサッカーの文化に入り込んでいた。バブルの中に生きていた。そして、すべての施設が与えられていた。

オールド・トラッフォードでのデビューから、全ては下り坂になったと思う。ユナイテッドを離れた。しかし、僕は経験や違った文化を愛している。

僕はウェイン・ルーニーではなかった。クリスティアーノ・ロナウドでもなかったし、そんなに凄い選手ではなかった。

ただ、彼らとプレーできたことは明らかだし、素晴らしいチームに入ることが出来たね。そういうことだよ」

(2009年にバーンリーへ移籍し、その後プリマス、ブラッドフォード、ベリーなどに貸し出された)

「僕は素敵な家と車を手にした。しかし、それは自分だけのものだった。ニコラ(妻)は大学に通っていて、僕はいつも『自分に何ができるのだろう』と思っていたんだ。

サッカーは、その時の僕にとっては素晴らしいものではなかった。事実、とても寂しかったんだ」

【次ページ】「北米に渡って、目が覚めた」

リチャード・エッカーズリー

(その後アメリカに渡り、トロントFCとニューヨーク・レッドブルズでプレーしたね)

「北米に渡った時、そこにいるサッカー選手たちがどのように生活しているかを見た。そして、何かが変わった。

彼らはとてもお金に気をつけていた。服や靴を気にすることもなかった。それで、僕は目覚めたんだ。

ニューヨークに済んでいた時、僕はサッカーに腹を立てるようになっていた。そして、多くのドキュメンタリーを見るようになった。多くの本を読んだ。

そして、僕は完全に目覚めたんだ。正直になろうとした」

(アメリカから戻り、オールダムでプレーした後、2015年12月に最後のプレーをした。そして昨年3月、妻とともにトットネスに引っ越して『ゼロ・ウェイスト・ショップ(ゴミゼロショップ)』を開いた)



「床をモップがけして、掃除をしている。一般的にサッカー選手がやらないことをやっている。いつもここで働いているんだ。

サッカーは、世界中の人々をつなぐという点で信じられないほどのものだ。熱心なファンがたくさんいる。

しかし、我々が暮らすこの地球という惑星なくして、繁栄はあり得るか?健康は保てるか?サッカーはそれがあってこそのものだ」

(元ユナイテッドの選手が店を開いたのに、全く話題になっていなかったね。半年経ってようやく知られるようになった)

「意図的に静かにしていたんだよ。なぜなら、ステレオタイプな人は求めていないから。僕は、この店が自然に語ることが広まって欲しいんだ。

少しだけ戦略はあった。誰かが我々の過去を聞いたら、妻は教師だったと口に出して、僕のことを聞くのを忘れるのを待つというね」

(チームメイトは来たことがある?ルーニーやロナウド、スコールズ、ギグス、テベスらは)

「いいや(笑)。多分、誰かしら近いうちに来てくれるんじゃないかな?」