「メッシ・テーマパーク」中国で2020年までにオープンへ

写真拡大

『The SUN』は6日、「中国で計画されているリオネル・メッシのテーマパークは、2020年までにオープンされる予定だ」と報じた。

建設が計画されている場所は南京で、8万平方メートルの敷地が準備されているとのこと。

当初は博物館のようなものの予定であったが、更に多くのプロジェクトが進み、様々なことが展開されることになったという。

天候の問題でほとんどは屋内に設置される予定であるというが、訪問者にとって大いに魅力的なものになるとのこと。

計画を進めているMediapro Exhibitionsのデイヴィッド・シーラウ氏は以下のように話し、年400〜500万人の来場を見込んでいると明かした。

デイヴィッド・シーラウ

「中国では、サッカーはねずみ算式に成長しており、当局をも発奮させている。

南京はサッカーの首都である。国規模でのプロジェクトであり、とても大きい。8万平方メートルの土地がある。天候の理由で大部分は屋内になるだろう。

上海との距離を考えれば、我々は年400〜500万人の入場を見込んでいる。その大部分が中国人の観光客になるだろう。

これは2020年にスタートする予定だ。プロジェクトのコストは1億7000万ユーロ(およそ223.7億円)になり、良い都市の投資になるだろう」