武藤嘉紀(右)と乾貴士(左)左サイドでは異なるタイプのアタッカーが躍動した【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

武藤嘉紀と乾貴士。タイプの異なるアタッカーが活躍

 6日、日本代表はキリンチャレンジカップ2017でニュージーランドとの一戦に臨み2-1で勝利した。FIFAランキング上は“格下”ともいえる相手との試合で辛勝となったが、選手起用や組み合わせの面では発見や収穫も見られたゲームに。特に左サイドで起用された武藤嘉紀と乾貴士はそれぞれが異なる能力を発揮し、戦術的オプションが豊富になったが、この2人の良さを引き出した長友佑都の働きにも特筆すべきものがあった。(取材・文:河治良幸)

----------

 FIFAランキング上は“格下”とも言えるニュージーランドとの対戦は日本が優勢に進めるもののシュートがなかなか決まらず、後半にPKで先制するものの、相手の得意な形から同点ゴールを決められる嫌な展開に。

 最後は途中出場の倉田秋が代表初ゴールを決め辛くも2-1の勝利を飾る形となったが、選手起用や組み合わせに関しては収穫も少なくなかった。

 その1つが左サイドで出場した武藤嘉紀と乾貴士というタイプの異なるアタッカーの活躍だ。武藤は1トップもつとまる強さを生かしたポストプレーと裏への抜け出しをうまく使い分け、中央の大迫勇也と高い位置で絡むことにより、スムーズにフィニッシュまで持ち込みやすい状況を生み出した。

 特に興味深かったシーンが前半18分で、左サイドバックの長友佑都からの縦パスを中央寄りに流れた武藤が落とし、それに連動して左に流れた大迫が香川からフリーでパスを受けた一連のプレーだ。最後は惜しくもフィニッシュに結び付かなかったが、これまでの“ハリルジャパン”になかなか見られなかった中央とサイドのFWによる絡みだ。

 大迫はもちろん香川真司のポストに嫌われたシュートなど、特に前半はほとんどのフィニッシュに武藤が絡んでいたのは印象的だった。だからこそ、そこで決め切れなかったことは課題であり、武藤自身も「得点に絡まないといけなかった」と悔やむが、戦術的なオプションという意味では良いアピールになったはずだ。

武藤&乾が躍動の裏で…2人の活躍支えた長友の存在

 一方で後半25分に投入された乾貴士は6月のシリア戦や予選突破を決めたオーストラリア戦でその実力を証明済みだが、武藤からの交代により特徴が明確に表れた。

 まずは足下でボールを受けながら、縦のドリブルとカットイン、さらには途中からインサイドハーフに入っていた小林祐希との絡みなど、試合前に乾が語っていた周りを使うプレーを駆使して攻撃に幅を生み出した。

 後半42分の勝ち越しゴールは乾が一度サイドチェンジを入れ、そこから再び左に展開されたところから乾が縦に仕掛け、クロスをファーサイドで酒井宏樹が折り返したボールに倉田が飛び込んで合わせた形だが、最初のサイドチェンジが相手のディフェンスを揺さぶり、右サイドバックの酒井宏が高い位置まで攻め上がれる状況を生んだのだ。

 ただ、ここで認識したいのは武藤と乾という全くタイプの異なる選手が機能するベースを整えた長友の存在だ。

 高い位置に張りながらワイドポストや飛び出しを得意とする武藤、やや下がり目の位置でパスワークに絡み、ドリブルやサイドチェンジを織り交ぜて厚みのある攻撃を構築する乾という両者の特性を後ろからサポートし、時に追い越して絡んだ。

「連係もすごく良かったですし、オーバーラップしたら僕を使ってくれたり、あるいは、囮にして中に入ってチャンスを作ったり、前半から武藤とも、乾ともいい関係ができて、すごく良かったんじゃないかなと思いますけどね。ただ、アシストかゴールに繋がる結果が欲しかったですけどね」

 そう振り返る長友は守備のバランスも考えながら前線をサポートし、タイミングよく追い越す動きで絡んでいたが、武藤と乾では長友の絡み方も明確に変わっていた。その長友は2人の生かし方をこう説明する。

「武藤は自分で仕掛けたいタイプなので、彼の1対1を作ってあげたりとか、逆に言えば、僕が囮の動きでオーバーラップして彼が中に入って行くとか、そういうことを考えていましたし、乾の場合は彼がボールを持つと、僕がオーバーラップしていいタイミングで使ってくれたり、リズムができてくる」

“周りを生かせるサイドバック”へのシフト

 サイドバックと言うと昔は中盤やウィングの選手に使われるイメージが強かったが、現代サッカーではサイドバックのハンドリングが勝負のポイントになってきている。

 もっともブラジルW杯の前あたりまでは長友はもっぱら“使われる”タイプのサイドバックであり、ガンガン仕掛けることで持ち味を前面に押し出していた。良くも悪くも彼の突破力がチャンスに直結していたわけだ。

 しかし、当時について「自信が過信に変わっている部分があった」と正直な心境を語る長友は“周りに生かされるサイドバック”から“周りを生かせるサイドバック”へのシフトを模索していたのだ。

 それが時に“衰え”や“勢いが無くなった”と捉えられることがある。確かに爆発力と言う意味では20代より絶対値は落ちているかもしれないが、90分走る能力は維持しており、現在はそれを周囲との関係の中で出し入れすることで効果を生んでいることは確かだ。

 長友との関係について「追い越したり、また自分が追い越したり、そこに関しては非常に良かった」と武藤。一方で乾は「あれだけいいタイミングで上がってもらえるとホントにパス出すだけなので、あとはこっちのセンスが問われるところ」と説明する。

 今回は左太腿の張りによりベンチから見守った原口元気も含め、ますます競争が熾烈になる左サイドは日本のストロングポイントになりつつあるが、彼らの良さを引き出しているのは背後の長友だ。

 その重要性はさらにクローズアップされてしかるべきだが、逆に言えば長友を欠いた時に代わりに出た左サイドバックがどこまで前の選手を生かせるかというのも今後の強化ポイントになる。

(取材・文:河治良幸)

text by 河治良幸