「ネイマール史上最高の股抜き」 ブラジルの至宝が見せた美技をスペイン紙称賛

写真拡大

W杯南米予選のボリビア戦で、DFバルベルデ相手に鮮やかな股抜きを成功

 ブラジル代表FWネイマールの比類なきテクニックは周知の通りだが、彼の凄みはそれを試合中に難なく繰り出してしまうところにある。

 現地時間5日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選の敵地ボリビア戦(0-0)で、ネイマールは勝負どころのゲーム最終盤に敵陣深くで相手DFに対して華麗な股抜きを披露。スペイン紙「マルカ」は「ネイマール史上最高の股抜き」と特集を組んでいる。

 ブラジルの至宝にとって、不可能はないのかもしれない。

 ブラジルサッカー連盟(CBF)は現地時間6日、公式インスタグラムにボリビア戦のあるワンシーンを切り取った動画を投稿。0-0で迎えた後半43分、ブラジルが得点を奪いに敵陣に攻め込み、左サイドのコーナー付近でネイマールがボールを持った。すかさずボリビアのDFガブリエル・バルベルデが立ちはだかったが、背番号10はゴールライン際で右足裏、アウトサイドを使ってボールをコントロール。そして、相手が前かがみになってボール奪取に来た瞬間、鮮やかな股抜きを決めてみせた。

 慌てたバルベルデの右手がネイマールにかかってファウルとなり、ゴールには直結しなかったが、標高3640メートルという厳しい環境下の試合終盤に飛び出した美技にメディアも反応。スペイン紙「マルカ」電子版は、プレーのテキスト実況で「88分:あぁ! ネイマールの股抜き! 止めに来たバルデルベの脚の下を通した」と速報。試合後には、「ネイマール史上最高の股抜き」と見出しを打ち、過去の股抜きとともに紹介している。

過去にネイマールの股抜き被害に遭ったのは…

 記事では、「PSGのブラジル人、ネイマールはボリビア戦の試合中に股抜きをしようとした。その被害に遭ったのがDFバルデルベだ」と言及。そして、ネイマールが過去に見せた股抜きのうち、選りすぐりの3本についても触れている。

「ネイマールの復讐」と名付けられたのは、17年9月5日に行われたW杯南米予選の敵地コロンビア戦。同国は14年のブラジルW杯で腰椎骨折を負わされたDFフアン・スニガがいる“天敵”であることを伝えつつ、前半29分にMFアベル・アギラールに背後から肘打ちを受けたネイマールが、その数分後にアギラールの股を抜く動画を紹介。「ブラジル人クラックは(肘打ちを受けた)次のプレーで見事な股抜きでリベンジした」と記している。

 他にも、バルセロナ時代の2014年、UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝のアトレティコ・マドリード戦で元ポルトガル代表MFチアゴ・メンデスの股を抜き、そして2016年のバレンシア戦でDFアントニオ・バラガン相手にも決めていることを紹介しているが、同紙は今回のボリビア戦でのものを「最高」と評価したようだ。ちなみに、ファンからは「どんな天才だ」といった声がCBFの公式インスタグラムに寄せられている。

 ブラジルはすでにW杯本大会出場を決めている。ブラジルの至宝が来年、ロシアの地でどんなプレーを見せてくれるのか、楽しみは尽きない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】ブラジルサッカー連盟が公式インスタグラムで紹介した、“ネイマール史上最高”の股抜きの瞬間


ブラジルサッカー連盟が公式インスタグラムで紹介した、“ネイマール史上最高”の股抜きの瞬間