AndroidとWindows 10を連携しやすくする「Microsoft Launcher」プレビュー版が公開
米Microsoftは10月5日(現地時間)Android用アプリ「Microsoft Launcher」のプレビュー版を公開しました。

これはホーム画面を使いやすくするランチャーアプリの一種ですが、特徴はWindows PCとAndroid端末の連携をしやすくすること。10月17日に予定されるWindows 10のアップデート「Fall Creators Update」での新機能「Continue on PC」もサポートしています。AndroidとiPhoneなどiOS端末との大きな違いは、前者がホーム画面をカスタマイズ「できる」(ランチャーアプリを交換できる)のに対して後者が「できない」こと。本アプリの提供がAndroid向けのみになっているのも、そのためでしょう。

本アプリはFall Creators Updateで採用される「Fluent Design System」(Googleなどが提唱するマテリアルデザインに対してMicrosoftが推進するデザイン)に基づき、様々なカスタマイズが可能。アプリアイコンの並べ替えはもちろん、ニュースや予定表などを「フィード」に表示できます。

Microsoftアカウントにログインしておくと、そのアカウントを登録しているPCと写真やドキュメント、連絡先などが同期できます。親しい人のアイコンを画面にピン留めしておくことも可能です。

そしてContinue on PC、つまりAndroid上での写真やドキュメント、Webブラウジングなどの作業をPC上でシームレスに引継ぎできる「予定」です。今のところ同機能はWindows 10 Insider Preview(先進機能をいち早く試用するテスト環境)に限られるため、一般ユーザーの利用はFall Creators Updateのリリースまでお預けとなります。

本アプリは、元々はArrow Launcherの名前で親しまれていたもの。Microsoftの社員が新しいアイディアを試すプロジェクトGarageの一環として提供されたアプリでしたが、晴れて正規の製品に昇格したことになります。

Arrow Launcher時代からの「使い込むほど効率がアップする」強みもそのまま。よく使用するアプリやよく連絡する人物も一覧表示され、すばやく起動したり電話をかけられるわけです。


Microsoft Launcher(プレビュー版)はすでに日本のユーザーでもダウンロードが可能。正式版は年内にリリース予定です。