左のウイングの選手たちについて長友が口を開いた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[キリンチャレンジカップ2017]日本 2-1 ニュージーランド/10月6日/豊田スタジアム
 
 一時はスタメンを外れることもあったが、再び日本代表の左サイドバックを不動のものにしつつある長友佑都。ニュージーランドを下した一戦でもフル出場した。
 
 左ウイングで先発した武藤嘉紀を後方からフォローしたかと思えば、交代で入ってきた乾貴士のドリブルの背後から猛然とオーバーラップする。タイプの異なる選手に合わせ、プレーを変えている姿が印象的だった。
 
「連係もすごい良かったし、オーバーラップをしたら僕を使ってくれたり、あるいはおとりにして中に入ってチャンスを作ったりと。前半から武藤ともそうだし、乾が出てきても良い関係を築けた。良かったと思うが、アシストかゴールにつながる結果が欲しかった」
 
 充実ぶりがうかがえるコメントだが、そこにはある意識があると言う。
 
「前に入る選手のタイプとストロングポイントによって、自分のパフォーマンスを変えている。今日の前半は武藤が自分で仕掛けたいタイプなので、彼の1対1を作ってあげたり。逆に言えば、僕をおとりに彼が中に入るとか。乾の場合は彼がボールを持つと、オーバーラップすれば良いタイミングで使ってくれたりして、リズムができる。武藤にはその分、点を取ってほしかったですけど」
 
 ここ最近は武藤、乾、原口元気…など左ウイングが目まぐるしく入れ替わっており、激戦区と化している。縦のコンビを組むうえで少なからずやりにくさがあるだろうが、むしろその状況に期待感が高まっているようだ。
 
「みんな勢いあるんでね。武藤も、(乾)貴士も、原口もそう。彼らは運動量もあるし、強豪相手でもある程度やれるんじゃないかな。簡単ではないが、チャンスはいくつか作れると思っている。僕は彼らを活かす、そして自分も活きる。そういう道を見出したい」
 
「ライバルが出ても良いプレーをしてもらって、それ以上のプレーを自分がすることが本当の競争意識」と勝負の哲学と熱弁する長友にとって、激しいポジション争いは大歓迎のようだ。

【PHOTO】日本vsニュージーランドの美女サポーターたち♥