天才バグパイプ奏者の演奏シーンを収録 鈴木敏夫も絶賛『J:ビヨンド・フラメンコ』特別映像

写真拡大

 11月25日に公開される映画『J:ビヨンド・フラメンコ』の特別映像が公開された。

動画はこちら

 本作は、『カルメン』『フラメンコ・フラメンコ』のカルロス・サウラ監督最新作。スペインのアラゴン地方で生まれた、フラメンコのルーツとも言われる民俗舞踊“ホタ”の魅力に迫る。

 各シーンを彩るアーティストのひとりとして、『ゲド戦記』の音楽にも参加したバグパイプ奏者カルロス・ヌニェスが出演。ヌニュスは作中で、スペイン北西部に伝わる、ケルト文化のエッセンスを象徴した楽曲「ガリシアのホタ」を演奏している。このたび公開された特別映像には、ヌニェスの演奏シーンが収録されている。

 また、ヌニェスと親交のある、スタジオジブリ・鈴木敏夫から「JOTA(ホタ)、それは魂の乱交。みんなが、苦しそうに辛そうに歌うのは、求める愛の深さゆえか。嗚呼、スペイン万歳!」とのコメントも寄せられた。(リアルサウンド編集部)