出典:https://www.shutterstock.com

男性とはいい感じになれるけど、いつも決まって本命にはされない。

そんな女性たちがハマってしまいがちな落とし穴、その真相についてご紹介しましょう。

 

■軽すぎる

彼女は“俺のもの”という強い意識をもった男性にとって、軽い行動をとってしまいがちな女性は致命的です。

あっちへふらふら、こっちへふらふら、と男性をまたいでしまう女性に対して、恋人というポジションを与えるはずがありません。

また、過去の男性遍歴においても多すぎた場合、“軽い女”という烙印を押される可能性もあるので十分注意しておきましょう。

 

■自立心が強すぎる

自立心が強く、なんでも一人でこなしてしまう女性に、男性は本命という椅子を渡すことがありません。

なぜなら、「この子に俺は必要ない」などのような気持ちが先立ってしまい、守ってあげたいとする本能がそそられなくなってしまうのです。

たとえ自立心を強く持っていたとしても、あなたの弱さやドジな部分を見せるなどして、男性の本能を刺激するように心がけましょう。

 

■尽くしすぎる

尽くすという意味では、男性からすればとても魅力的なこと。

しかし、尽くしすぎた場合においては、男をダメにしてしまい、また、同じ分量の何かを返してあげなきゃという、プレッシャーを与えてしまうことにもなるのです。

カップルたるもの、やはり平等でいたいもの。支え合う心によって関係性のバランスを保つことができるのです。

ですから、尽くすという行為が行きすぎた場合に限っては、本命から除外される恐れがあるので、支え合う気持ちを大切にしてみましょう。

 

■誰にでも優しすぎる

優しさが行きすぎた場合も、男性にとっての特別感が薄れてしまいます。

「俺だけのものにしたい!」という気持ちこそが男の本音。独占欲がそそられるからこそ本命にしておきたいものなのです。

誰にも構わず優しい女性は、一見、魅力的ではありますが、本命という意味ではいま一つ本能をくすぐらないのです。

あなたにとっての大切な人にこそ、優しくしてあげるべきでしょう。

 

いかがでしたか? モテるための女子力も、行きすぎた場合は、それがあだとなってしまうこともあります。

何事もほどほどに、そして、分かち合う心を持つことが本命への近道ではないでしょうか。(恋愛専門占い師・そら)

【画像】

※  Dean Drobot/shutterstock