<セーフウェイ・オープン 2日目◇6日◇シルバラード・リゾート&スパC(7,203ヤード・パー72)>
米国男子ツアー2017-18シーズン開幕戦「セーフウェイ・オープン」の2日目。全選手がこの日の競技を終え、タイラー・ダンカン(米国)がトータル13アンダーで単独首位に立った。
あの元・メジャーリーガーも松山を応援!
1打差2位には、この日を6バーディ・1ボギーの“67”でラウンドした昨年覇者のブレンダン・スティール(米国)が続いた。また、イーブンパーで第2ラウンドをスタートしたチェッソン・ハドリー(米国)が、1イーグル・10バーディ・1ボギーと猛追。トータル11アンダーで首位と2打差の3位に浮上した。
そのほか、優勝予想ランキングで1位に挙げられている飛ばし屋、トニー・フィナウ(米国)はトータル9アンダー4位タイに、2013年以来の優勝を狙うツアー通算42勝の大ベテラン、フィル・ミケルソン(米国)はトータル6アンダー15位タイで決勝ラウンドを戦う。
【2日目の結果】
1位:タイラー・ダンカン(-13)
2位:ブレンダン・スティール(-12)
3位:チェッソン・ハドリー(-11)
4位T:ザック・ブレア(-9)
4位T:トニー・フィナウ(-9)
15位T:フィル・ミケルソン(-6)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

タイガー・ウッズ主催大会の招待選手決定 昨年覇者・松山英樹は4年連続の出場
松山英樹の戦いを見守った松井秀喜氏 観戦中に気をつけたことは?
松山英樹、引き分けに満足しつつも「僕のプレー次第では楽勝だった」
年間王者のジャスティン・トーマス、プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに輝く
【松山英樹のスイング】左ヒザが伸びた床反力打法は意識的に行うものか?