20〜30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、関西でイベント事業を行なう会社で働いている小林彩子さん(仮名・34歳)。茶髪のロングヘアを大きなお団子にして、ネルシャツにチノパンと全体的にカジュアルでラフな格好。30代にはまったく見えない童顔からくる全体的な雰囲気に、よく似合っています。どことなく真面目な感じもある彩子さんのセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は兵庫県で、両親と4歳下の妹との4人家族です。父親は地元の土木関係の仕事をしていて、今でも威厳がある父親って感じです。2人だとあまり会話はないですね。仲が悪いわけではないんですが、専業主婦の母親と妹が間に入って会話が成立する感じですかね。

30歳を超えるまでは母親とも仲良くしていたんですが、30歳になってからは『結婚しろ』という圧迫がすごくて……。今ではあまり実家に帰っていません。でも、妹とは今でも仲良しですよ。妹はまだ実家にいて、親の言う通りにお見合いをしたり、親戚の紹介を受けたりと従順みたいで、『お姉ちゃんは親の扱いが上手じゃない』と言われています。今は妹がいないと実家に帰るのもしんどい感じです」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校2年生の時でした。同じクラスの男子で、ずっと男友達として仲良くしていた子でした。友達付き合いだったんですが、クリスマスに周りにくっつけられた感じですね。お互い異性としては意識していたけど、もう1歩がどちらからも進もうとしなくて、友人たちに背中を押してもらいました。

その子とは大学に進学してからも付き合っていたんですが、私は大学から地元を出て一人暮らしを始めたので、物理的な距離に負けた感じです。彼に会うために時間を作ることが大学生活は時間がなくて難しくて、その努力をお互いにできなくなっていってお別れしました。彼とは中学、高校が一緒なので、今でも同窓会などでは顔を合わすし、友達としては今でも仲良しですよ」

大学では新しい出会いどころか、女性だけの空間に気も緩みっぱなしで……

大学生活では友達にこそ恵まれるものの、新しい出会いはなかったそうです。

「大学は女子大に進学したんです。初めての女性だらけの学校は慣れるまでが大変だったんですけど、慣れれば1人暮らしの家が学校から近いこともあり、ほぼ毎日すっぴんと部屋着で授業を受けていましたね。そんなどんどん劣化していく自分に恐怖を感じながらも、その生活は居心地が良くて……。女子大だからってみんながみんなすっぴんではなく、ちゃんとした人はもちろんいましたよ。でも私の友達は似たようなタイプばっかりで、そんなグループには合コンを仕切れる人もいなくて……。大学時代はみんなでワイワイして過ごしただけでしたね(笑)」

その後、編集プロダクションに就職も出会いは皆無……。退職後アルバイトを転々とし、再就職したイベント会社で好きな人ができたそうです。

「最初の就職先は編集プロダクションだったんですが、ここが既婚男性のほとんどが不倫をしているような、出会いなんてあるわけないような場所で……。まぁ仕事をしに行っているからどうでもよかったんですけど……。浮気しているのを隠しもしない人が多くて、男性に対して不信感が大きくなっていきましたね。恋愛に必死な人を見下したりもしていたかもしれません。

その会社を3年ほどで辞めて、その後はなかなか仕事が見つからずにアルバイトを転々としました。そして、アルバイトの合間に長年続けていた就職活動の末、今のイベント会社に拾ってもらえたんです。そこではイベントの企画から告知用の印刷物を作ったり、忙しい毎日でした。そこで1人の男性のことが気になったんです。彼はなんでこの仕事をしているんだろうと思うくらい社交性がなくて、黙々と調べ物をするのが好きな、顔はかっこいいのにどちらかというと陰気な感じの男性でした。でも、その不器用な感じに惹かれちゃって。1年くらいかけて彼と仲良くなり、猛プッシュで付き合えるようになったんですが、彼に振り回され続けました。そして、彼のとんでもない行動で別の男性と出会うんですが、その彼も全然いい人じゃなくて……」

久しぶりに好きになれた男性は引きこもり気味の変わり者。彼と仲良くなるため、彼が好きなお笑い芸人のことを勉強することから彩子さんは始めたと言います。

久しぶりに好きになれた男性は変わり者。彼を追いかけ続けた結果、別の男性をあてがわれてしまいます……。最初こそ、その男性のことを好きになるわけないと思っていたんですが……。〜その2〜に続きます。